ポーランドの蒸機 TY2 148

ドイツ第三帝国のポーランドにおける残党、
Feb94_0182mb.jpg
TY2。

どこがどう、とは言えないのですが、パッと見で52.80と判ると同時に、どこから見てもポーランドのカマと判る、両方の特徴を併せ持つ機関車と言えます。

この個体は、
Feb94_0244mb.jpg
ブリキの小皿みたいな意味不明の装飾がついてて、えらいカッコ悪い。

お尻は
Feb94_0208mb.jpg
こんな感じで、なかなか表情豊か。

走り。煙も
Feb94_0176mb.jpg
これだけ流れれば面白くていいかなと。機次の客車はヨの代用です。

この日は
Feb94_0287mb.jpg
貨車は多いもののドスカ撃沈。

カット数は多い割に、たいした写真撮れてないですね(笑)。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

笹間渡の彼岸桜 大井川 C11 312

あれはRM誌のNo.17やったか、笹間渡の彼岸桜の見事な写真が載せられて、こりゃ是非ワシも撮りたいな、と。

結構広いスペースなんですが、フェンスがあったり、桜の枝と線路が離れ過ぎたりと、ベストなポジションは数人でしか撮れず、そんなことも知らずにノコノコ行って、先客の隙間から撮らせてもらいました。
Mar92_oigw_0007mb.jpg
煙は申し分ないんですが、天気が悪いせいもあって発色が悪く、こりゃリベンジせにゃ!ってことで翌年訪れた写真はまだスキャンしてないんでまたそのうちに。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

DE10 525 「美濃太田区」 20系

84年3月、ダイヤ情報で高山本線に20系の団臨が入るのを見つけて、

「やった! 寒冷地仕様のDD51+20系が撮れる!」

「もしかしたらエースの555番かも♪」

などと想像力も逞しく出撃したら、
0100525_19840330p_0008.jpg
DE10でやんの。。。。

美濃太田止まり、だったんですよね、コレ。根拠なくDD51を期待したワタシがアホでした。

機番は
0100525_19840330p_0009.jpg
525。ウィキで調べて驚いたことには、DE10の500番台っちゅうのは74両しか無くて、一番多いのが1500番台の265両だそうな。ふ~ん。

逆エンド。
0100525_19840330_0005.jpg
20系相手にDE10じゃあ、やっぱりなんかこう、格が足らん、というと言い過ぎですかねぇ。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

EF60 38・39 広島区

83年に近所で撮ったネガからは、EF60が結構出て来ます。59.2前の東海道方面の配置は、沼津・浜松・米原・岡山・広島でしたが、沼津のカマは59.2の前は見た覚えがありません。

撮った中で、一番の若番が、
060038_198310b_0023.jpg
38番でした。広島区だったようです。

ついでに連番の
060039_198308b_0009.jpg
39番も載せておきます。おもくそブレてますけどね。

ef60-1.gif


にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

ブルトレ 「彗星」 EF65PF 

86年6月、
0651091_198606c_0001.jpg
天王山バックを行くPF1091の「彗星」。

写真は24系25型の時代で、この半年後に14系15型に置き換えられますが、94年に再び24系25型へ、さらに2000年に「あかつき」との併結でまたも14系15型へと、繰り返し車種変更されてるんですな。

牽引する1091番は、6次車の最終番で、新製配置は新鶴見?東京? 東京区にいた期間は長くないようで、87年には新鶴見へ戻り、いまだ現役で貨物を牽いてるみたい。

この頃は85ミリで撮るのが気に入ってた時代で、今になって見ると、もっと長いレンズで撮ってればなぁ、とちょっと残念です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

保津峡 キハ58+キハ47

80年代半ばの山陰京都口や福知山線は、キハ58は急行、キハ47は普通・快速と、極めて明確に運用が分けられていたんですが、こんなん、
0dc58_198411b_0006.jpg
出て来ました。84年11月、保津峡-嵯峨。

キハ58+キハ47×8という、なんだか妙チクリンな組成で、多分アタマのキハ58は回送やろ、と思ってたんですが、
0dc58_198412b_0027.jpg
もう一枚出て来たので、こういう運用が組まれてたと考えて間違いなさそうです。

今ではなおさらでしょうが、亀岡辺りというのは当時から京都まで1時間かからない、バリバリの通勤・通学圏で、非電化単線ながら、7時・8時代はそれこそ15分ヘッドって感じで長編成の普通が、下り列車と交換しながら京都まで上って行ってたんですね。

一両でも多くつなげたい、ってことだったんでしょうか、他に混結の列車は撮った覚えがないので、このキハ58は京都で切り離されて、きっと急行仕業に戻ってたのでしょう。87年に保津峡へは頻繁に通ったのですが、その頃にはこんな運用は残ってませんでした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

東海道を行く101系 カナリア色

86年頃はほぼ欠かさず大鉄の局報をチェックしてまして、その中で見つけて撮ったのは確かなんですが、
0emc101-135_19860525c_0006.jpg
この電車が何しに来たのか、さっぱり思い出せませぬ。

茨木-摂津富田間、撮影は5月25日で、回9104M、クモハ101-135(とメモにあるんですが、写真を拡大すると172にも見える・・・・)。

おぼろげな記憶では、この一週間前ぐらいに下って来て、これは帰るところなんですが、行き先は宮原やったっけかなぁ。違う気もするなぁ。コレがどこに何しに来たのか、ご存知な方いらっしゃいましたら教えて下さい。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

ドイツのディーゼル BR218

ドイツの218型ディーゼルと言えば、
db218.jpg
まさに日本のDD51です。

客貨両用で幹線~亜幹線用。218が1968年から1979年で398両造られたのに対し、DD51は1962年から1978年の間に649両。共に無煙化の立役者だったわけで、218もさぞや蒸機テツに煙たがられたことでしょう。

現役から退きつつもいまだ活躍中であることも似てたりします。ウィキによると、2008/3で在籍235両だそうで、2年後の今はもっと数を減らしてるでしょうね。

多少はドイツかぶれしてることを認めざるを得ないワタシですが、スタイル的にはDD51の勝ちですね!

db218r.gif

にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

ナコ座 12系座敷車

「名古屋から、すごいお座敷列車が出たらしいで」
「展望車付きらしいやん」
「そらすげぇ!」

ってな会話をお仲間の間でしてたのは83年5月でしょうか。

出てきたのがこちら。
0pc12nk_198306.jpg
ナコ座とか、後にナコ展とか呼ばれるようになる、展望スペース付き、12系改造のお座敷列車でした。

初めて見た時は、相応のインパクトがありましたが、この数カ月後に品サロ・大サロ・長ナノ座というアピールの強い連中が次々に誕生し、テツ的には一気に注目度が下がり、ナコ座がすごい!期間はほんの僅かで終わってしまいました。

12系と同じ外観を持つ座敷がやがて次々と塗装を変更した(北オク・金サワ・天リウ・広ヒロ)のを尻目に、99年の廃車まで、このオリジナルの塗装を維持したようです。

模型ではマイクロエースが製品化してるんですね(へー)。

c12jnakz.gif


にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

クモル24022 ワールド工芸動力の組込

すっかり模型記事がご無沙汰になってしまい、すみませぬ、と先月も同じようなことを書いた気がするんですが、仕事が忙しゅうてなかなか工作に手が回らんかったり、古い写真のスキャンが楽しかったり、工作そのものが一進一退で書くことがなかったり、だったわけでして。


で、お話は動力ユニットです。

スポッと入れれば終わりやん、と、軽く考えてたわけですが、いざやってみると、なんのなんの。

無蓋部床下とをつなぐ、連結パーツの利用を断念したことは前回ご覧に入れた通りですが、これが無いと、まず、
24d2.jpg
動力ユニットがスト~ンと車体に落ち込むわけですな。

車体内部に床板止めを接着すればエエやんか? と思うでしょ?! 

甘い、甘いね、キミ。

そもそも台車が首振ると思ってるでしょ?
24d4.jpg
振らないのだよ! 車輪を保持してるフレームは、モーターが載ってる板に完全に固定されてて、動力ユニットそのものが首を振らないといけないのだよ!

もうね、3日ぐらい思考停止でしたよ。

幸いにして、動力ユニットの横幅は有蓋室内寸に比べて、
24d3.jpg
それなりに余裕がありますんで(当たり前)、なんとかして動力ユニットを保持しつつ、自由度をもって左右に首を振れるようにするしかありません。真っ直ぐしか走れない電車なんてイヤやし。

ま、ワタシごときが考え付く手法なんて、タカが知れてまして、
24d5.jpg
ネジと旋回座(黒のプラ部品)の間に、細めの梁を車体側に固定して、動力ユニットが潜り込まんように、かつ前後左右の遊びでもって動力ユニットがカーブに合わせて首を振ってくれることを期待する、っちゅう、なんだか頼りない方法でやってみることにしました。

下部を組み立て、
24d6.jpg

ボディをオン!
24d7.jpg
さて、どの程度走ってくれるのでしょうか???

にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

伊那松島区訪問 82年4月 (続き)

では、奥の方へ入っていきましょか。

雨がレンズに付いたまま撮ってたようで、画質が悪いんですが、
0IMG_0039.jpg
クモエと並ぶはクモハ61004。この日はいつものペアではなく、奇数向きのクモハとくっ付いてました。今まで気付かなかったんですが、幌枠の側面に付くテスリが随分立派なんですね。

正面もどうぞ。
0IMG_0038.jpg

クモエを挟んで反対側。
0IMG_0040.jpg
駒ヶ根車輛さんあたりは、この顔面写真一枚で車番が判ってしまうんでしょうねぇ。

ED62。
0bw_0018.jpg
今思えば、かっこええカマでしたねぇ。

クラの中には、
0IMG_0054.jpg
クハユニ56001。折りたたみ傘の柄が写ってるのはご愛嬌ってことで。

クモハ61003。
0bw_0022.jpg
定位置ですよね、ここ。それにしても、幌付いた顔って俄然カッコイイ。

クハ68414。
0IMG_0053.jpg
00IMG_0053.jpg
幌枠下部両端の出っ張りって、何なのか、前から気になってたんですが、どなたか教えてもらえませんかぁ~?

にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

ドイツの蒸機 89.60

94年のPlandampf、チューリンゲン・ヴァルトIIのゲスト、
Feb94_0358mb.jpg
89.60。

どうやらバヴァリア王国鉄道時代の1898年から70両造られてDRG→DRと引き継がれ、1960年に引退したようですが、もう、こういう世界になると、チンプンカンプンです。

はっきり言って、それほどカッコエエとも思わんわけですが、オリジナル仕様の模型はえらいカッコ良く見えるのは、不思議と言えば不思議。

にほんブログ村 鉄道ブログへ 

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

磐西 C58 363 1997年

シゴナナ復活の2年前。

新津-津川にシゴハチが出張したことがありました。確か計画はデゴイチで、調子悪くて代打抜擢だったと記憶してるんですが。

この日はどえらい天気が悪くて露出が全然上がらず、1段半ぐらいアンダーで強行したら、
ao_0039mb.jpg
なかなかカッコエエのが撮れました。

ズームのゴーストが惜しいっすけどね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

DD51 5・6・7・8 「吹田第一区」

摂津富田から大阪へ向かう時は、岸辺を過ぎた辺りから、進行方向左側の吹田区を覗き見るのが常でした。何か珍しい機関車はおらんか(基本的に貨物中心だったので、珍しいカマはほとんど見られませんでした)、とか、吹田工場に変わったのが入場してないか、とか。

そんな吹田区で、いつもど真ん中に鎮座してたのが、
0510005_198308_0001.jpg
コレ。休車のDD51の四連。これまたbenkeiせんせとご一緒、というか金魚のフン状態。

前から
0510005_198308b_0004.jpg
5・6・7・8と、明らかに故意に番号順につながれていたのでありました。

そんな4両に2両が足され、いよいよ古巣を離れることに。
0198401b_0225.jpg
疎開先の向日町への回送。1984.1.31、明日からダイヤ改正という、まさにその前日のことでした。カブリが怖くて、ココにしたのですが、今から思えば素直に山崎で撮っておけば、って感じです(笑)。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

EF65・EF60 ラッセル回送

当時は、珍しいもんが撮れた、と喜んでた列車が、意外に長生きしていていまだに走ってることに、妙に驚いたりします。

甲種がその良い例。もちろん牽引機も後ろも違いますけど。

もう一つの例が、
ap_0034.jpg
ラッセル回送。これまた牽引機は違うとはいえ、一冬の役目に就く(終えた)ラッセルが所属区に帰ったり、検査で入場する姿は、今も昔も変わらない、っちゅう話です。

もう一枚ありました。
060999_19840422_0094.jpg

注意して見るまでもなく、
060999_19840422_0095.jpg
ラッセルヘッドは片側だけ、なんですよね。。。。

連結器が無いわけじゃないっすよね?(笑)

なんで片側???

にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

ブルトレ EF81 「北陸」 1983年

今日で最後、なんでしたっけか?
081026_19830815_0015.jpg
3001レ EF81 26 「北陸」 1983.8.15 高岡にて

結局撮りに行くことはなかったですが、やっぱり寂しいもんですな、ブルトレが一つまた一つと消えてく、っちゅうのは。

ef81pi2.gif


にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

キハ52 128 オリジナル・ツートン

真夏の昼のトップライトが残念ですが、オリジナルのツートン。
0dc52128_19840730.jpg
キハ52 128。どういう事情だか、たった一両だけ、タラコ化を免れた車両です。
84年7月30日 来待、だったかな。benkeiセンセとご一緒したツアーで、偶然撮れて実にラッキーでした。

糸魚川のツートンは、オリジナルに比べて朱色が薄い気がするなぁ、と戦友殿と話してたんですけど、この写真を見ると、案外あんなもんかな、という気もします。

j52.gif


にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

165系 急行 「比叡」

かつては80系が看板も誇らしげに活躍した急行「比叡」。

なんとなく153系のイメージが強いのですが、ワタシが撮ってるのは、末期の末期、
0198401b_0029.jpg
165系のみ。

下りは米原のゴハチが牽く荷39レのちょっと前でもあり、
0ec165h_198401b_0198.jpg
そんなようなついで写真ばっか。

しかも荷39レは前から撮ってるはずなのに、
0198401b_0093.jpg

「比叡」の写真は、59年2月の廃止の直前ばかり。
0ec165h_19831231b_0101.jpg

上りは昼前で中途半端な時間だったからか、
0ec165h_19831027_0032.jpg
コレと、

コレ
0ec165-11_19840109_0056.jpg
だけ。最後のこの写真は、クハ165-11(名カキ)という撮影メモが残ってます。

j165.gif
↑アイコン、黒Hゴムが残念・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

スイス ZB ABe130

ZBはZentralbahn(中央鉄道)。2005年にSBB(国鉄)から分割民営化されたそうで。

で、そこの、
zb130a.jpg
ABe130型(130 010-2)。右端に写ってるのはウチの娘ですが。

例によってウィキからのパクリ以外の何物でもないんですが、ZB誕生と同時に導入された10本のうちのラストナンバーのようで。

入線してくるところ。
zb130b.jpg
低床式にパノラマ中間車と、至れり尽くせりですが、どうもなぁ、こういうスタイルの電車はなぁ・・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

スハフ42 109 福フチ 

武田尾だ保津峡だで、それなりに雑客は撮ってるのに、形式写真らしい写真はほとんど撮ってませぬ。

気が向いて撮った一枚。
0pc42109_198309b_0063.jpg
スハフ42 109。

珍しくもなんともない、ただのスハフ42(笑)。

てか当時は形式の違いも10系客車とそれ以外、程度の認識しかなく。

ああもったいない。

j43bl.gif


にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

伊那松島区訪問 82年4月 

それでは伊那松島区を訪れた時の中から何カットかを。

洗車中の、
0IMG_0035.jpg
クハユニ56012。隣は運転士側窓が小さいのが特徴のクモハ54001。そのまた隣の張り上げ屋根はもちろんアレ。

裏側の、
0IMG_0037.jpg
クハ68406と、クハ68042。って、実はちゃんと確かめてませんが。

クハユニの2連が、パンタ下ろしたままの54001編成を引っ張って、
0IMG_0056.jpg
洗車線へ押し込み。

その間に、
0IMG_0062.jpg
伊那美人。

美人は正面から見ても、
0IMG_0052.jpg
やっぱり美人。

53007に近づいてくる、56012の裏、
0IMG_0063.jpg
クモハ53000。もしかすると、53000の顔をまともに写したのはこの一枚が唯一かも、です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

ウクライナの蒸機 L型

L型といえば、
UKRb_0022mb.jpg
中国の前進型のモデルになったカマとして有名です。

あまり
UKRb_0023mb.jpg
似てませんが(笑)。デフの有無とお国柄で随分違うもんですな。

戦後に大量に増備されたそうで、その数5,200とか。まさに桁違い。2-10-0の貨物機です。

ボイラーがやたら高くて、動輪の上が
UKRb_0198mb.jpg
スッカスカなのが特徴。

フツーに横位置で構えててバリバリに立て上がりされると、
UKRb_0161mb.jpg
かえって困るという、時々ある失敗。

一枚目の数日後の同じ駅。
UKRb_0211mb.jpg
降雪があると景色が一変しますね。

ややホームが賑やかなのは、
UKRb_0220mb.jpg
列車が来るから。トトロみたいな顔してやがる。

なんだか
UKRb_0222mb.jpg
えらい昔みたいな光景。94年2月の撮影と、実際十分昔ですが。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

雪の真岡 C12 66

似たような写真を前にもうpしてますが、
Jan98_1266_0006mb.jpg
足回りが抜けないと、やっぱりサマになりませんな。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

DD51 生瀬スーパーオロシ

誰が名付けたか生瀬スーパーオロシ。

その名の通り、
0519999_198607c_0059.jpg
なかなかスーパー。名神高速のこの区間って、クルマで走っても「あ、生瀬辺り」とめっちゃ判り易いっすよね。

メインは上ってくる、
0519999_198606c_0061.jpg
但馬ビーチの回送かなんか。座席扱いの20系に乗って海水浴って、テツ的にはかなりの違和感。遠くて判りにくいでしょうが、

ホラ、
0519999_198607c_0062.jpg
20系でしょ。

こういう角度の走りって、なかなか撮る機会がないわけですが、ホンマ模型を眺めてるような感じですね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

ゴハチ EF58 12 東京機関区

5番の次は12番。
a12_0001.jpg
ふと冷静にネガを見ると、止まりの写真がなく、一体このプレートの写真をいつどこで撮ったのやら。

初対面は83年3月。こちらが父ちゃん、
a12_0013.jpg

望遠がワタシ。
a12_0014.jpg

上牧は両面打てるとはいえ、午前の下りは
a12_0015.jpg
真っ黒。これも83年3月。

しばらく前にアップした摂津富田のカットは83年5月4日で、その次は、
a12_0003.jpg
83年9月23日の、やはり銀河51号。

塚本でもう一発。
a12_0005.jpg

宮原へ入る列車は比較的スピードが遅く、
a12_0006.jpg
余裕でズーミング(笑)。

お次は同年10月9日の銀河53号、
a12_0007.jpg
山科からスタートして、

高槻で、
a12_0008.jpg
ライトを付けてくれた運転士さんに感謝しつつ、

撮ったことあるから、とか関係なく、
a12_0009.jpg
再び塚本。

同日の8106レで帰るのを
a12_0010.jpg
やっぱり塚本にて。

これは2週間後の10月23日ながら、
a12_0012.jpg
突然やってきて嬉しいサプライズ。

荷2031レに入ったのを、
0198401b_0057.jpg
84年1月9日に撮ったのが最後でした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

工具 塗装関連 パーツ インレタ ウェザリング 

ブログ内検索
RSSフィード