シナ座 品川区 お座敷列車

最後は水戸に移って「ふれあい」ってな名前をもらって茶色になったわけですが、その前身である
0pc81s_19830904_0016.jpgシナ座。ウィキペディアによると、水戸への転属が86年、廃車が90年と、意外に転属後は短かったんですね。パックがよく牽いてましたっけ。撮ったことないんですけど。

そんなことより、原口さんのコメント通り(いつもレス遅くてすみません)、なるほど3両雨樋の高いのが続いているような。


へー、なんて思ってたんですが、ちょっと気になるのが、こちらの写真では、
0pc81s_198404b_0010.jpg奥の3両が明らかに雨樋:高。

何が言いたいかって、2枚とも上り列車のケツ、つまりカメラを東京方に向けて撮った写真なんですよね。編成ごと方転するようなことがあったのか、それとも連結順序が変わったか? どちらもちょっと考えにくいんですけど、はて。。。。。
ちなみに上が83年9月、下が84年4月です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

ウェザリング パーツ 工具 インレタ 塗装関連 

ブログ内検索
RSSフィード