EF81 142 長岡区

思いきり光線曳きしてしまってまして、
081142_19860819_4561.jpg長巻きパトローネ詰め、フィルム装填~撮影~巻き戻し、現像タンク巻き~現像、と、どの過程で起きたのかはいまさら知る由もありませんが、撮影時以外の失敗でオジャンになってるカットが少なからずあってなかなか笑えます。

この142番は、今は富山でローピンのままながら、ナンバーが切り抜き文字になってるらしく、このような
081142_19860916_4078.jpgメモが無ければ番号が判明しない、なんてことが起こらないだけこの頃より恵まれていると思ったりします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

貨車の話になりますが、北陸方面は速星の日産化学工業、確か伏木の日本曹達等化学工場が多く、化成品専用のタンク車が多く運用されていたという印象があります。一番上の写真のタンク車も明らかに黒塗りではなく、ステンレスあるいはアルミのタンクを持った化成品タンク車のように見えます。

機関車のほうですが、東新潟機関区のEF81は同区のEF15置き換えのために投入された(EF15をさらに首都圏の経年の高い貨物機置き換えに転用)のですが、旅客列車にも使われたようで、高崎線客車ローカル末端の直江津―新潟間1323レ、1324レも牽引していたようです。

原口さん、
おっしゃる通り、北陸方面は化成品タンクが混ざった貨物が多かったですね。かといってタンク車だけの貨物は無かったようで、無蓋・有蓋が適度に混ざった列車の写真が多いです。
東新潟のEF81が旧客を牽いてたのはちょっと驚きですね。北陸のパーイチの旧客は、穴というか注目される前に消えた感があって、発表されてる写真が少ないように思います。
プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

塗装関連 パーツ インレタ 工具 ウェザリング 

ブログ内検索
RSSフィード