fc2ブログ

インドの蒸機 ゴラクプル YG

サマスティプルを後にして向かった先は、西へ300キロほどのGorakhpur。たくさん蒸機がおる、との目撃レポートを頼りに向かったわけですが、
0IN_9410_0077.jpgほぼ手遅れ、でした。。。360度屋根付きのラウンドハウス、全盛時はさぞや見応えがあったでしょう。

ドレインというよりは、
0IN_9410_0073.jpg

蒸気を漏らしながら
0IN_9410_0078.jpg

マニ一両を引きだしてきた、
0IN_9410_0079.jpg

ポンコツ。
0IN_9410_0080.jpgなんぼ現役がカッコエエっちゅうても、ここまでボロイと、ちょっと、ねぇ(笑)。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

1996年にはGorakhpurではもう蒸機が全滅していたのか、
私はインドからネパールへ抜ける途中に乗り換えで50分滞在しただけでした。
駅の印象も何も覚えていません。
もちろん360度屋根付きラウンドハウスなど知る由もありません。

インドもあと数年早く行ければもっと楽しかったんだろうなと思います・・・。

manbさん、
94年10月でこの状態ですから、96年はきっと完全に無煙化してたと想像されます。実際この頃の無煙化のスピードにはものすごいものがありました。「あと数年早ければxxx」は撮りテツ全員の口癖ですが、でもタッチの差で撮れなかったxxxを想うと、本当にそう思いますよねぇ。
プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

工具 塗装関連 ウェザリング インレタ パーツ 

ブログ内検索
RSSフィード