サハ78 側板貼り合わせ

まずはサハ78から、
sn_08.jpgハンダ付けで側板の貼り合わせをば。

ものすごーく久しぶりの作業ってこともあり、可もなく不可もなくって感じですが、一昔前を思えば、多少は進歩が見られるかと。

ところで本気でスイスイ進むと目論んでたんですが、
sn_01.jpgなんですか、この隙間は・・・・。

90度から見ると問題ないので、
sn_02.jpg貼り合わせの際のズレではないらしい。

えらい浮いてもうたなー、と最初は思ったんですが、そうではない、
sn_03.jpg戸袋窓の右辺は一段下がったまま。これでは隙間が出来るに決まってまんがな。

これってどうなんですか?

初期製品の特徴?

皆さんどうしてるんでしょ?

まずはハンダを流してみますが、
sn_04.jpg嫌な予感。

キサゲするも、
sn_05.jpg嫌な予感、的中(笑)。こんな細い所、きれいに処理できるわけないし。

そりゃ、
sn_06.jpg隙間は埋まるけどさ、なんか桟もちょっと湾曲したっぽいし。

ハンダで埋めるのはイマイチなんで、別の方法考えますけど、始めて早々につまづくとは・・・・。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

仙石アコモ車キット,組んだ時確かに気になりました(-_-;)
直すにも面倒なので放置していたんですが,塗装後窓サッシ+ガラスを貼るとそこまで目立たない様子でした。
そんなわけでウチは見ないふりをしてます(笑)

私は非ハンダですので…

お久しぶりです。

たまにちょっとした隙間が気になるときがありますよね。
私の場合、裏から瞬間接着剤を流し込んでパテ代わりにしていますね。
中粘度あたりの瞬間接着剤を使い、うまく量を調整しながら流し込めば表にはみ出さずにいけると思います。
(まぁ、言葉の通りにうまくいかないのが模型なんですけどね)

Hゴムをエッチングしたときの深みが隙間として見えている訳ですね。類似の製品を組んだときはあまり気にしてなく、シールプライマーを塗った時(マッハのものを薄めて幅広の筆で塗装)に他のところも合わせて何となく隙間を埋めていました。

サハ78は全て2段窓なのでサハ78158ですね。公式側は「北総レール倶楽部」の里見さんの写真、非公式側は芝生さんの写真が有ります。

南ヒナさん、
ヒナさんが「見ないふり」なら、こんな気楽なことはないです(笑)。確かにサッシが入るし、完成すれば隙間の先は暗い車内だし、実は目立たないのかもなー、と思いつつ、気にはなりますよね。。。

知佳さん、
ご無沙汰しております。流す量のコントロールは多分瞬着の方が容易なので、ここは瞬着の勝ち、かもしれないですね。ハンダで組んでいると、出来る所はなるべくハンダ、的な意識が出来てしまいがちですが、適材適所ってとこでしょうか。

原口さん、
この写真だけで車号を特定するとはオドロキ。もちろんビンゴ!です。
プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

ウェザリング インレタ パーツ 工具 塗装関連 

ブログ内検索
RSSフィード