DE10 + 14ハザ6B

実に特徴の無い景色なんで、久しぶりに線当てクイズ。
10+14x6さて、何線でしょう?

決定的なヒントっぽいものは無いんですけど、勘のエエ人はすぐピンとくるかも。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

単線で架線下DL、そして水田が広がるということでまず思いついたのが草津線の草津寄りの区間で、写真の列車は伊勢神宮方面への団体列車だろうか、と考えました。
 次に考えたのは山陰本線の米子―出雲市間で、安来の辺りかと思いました。写真の列車は寝台付き普通列車「山陰」の後身(後の「ムーンライト八重垣」)かと思ったのですが、山陰本線の客車列車はDD51牽引でDE10牽引は無かったと思ったので可能性が下がります。また、実際に乗車した経験から路線は宍道湖にかなり接近しており、写真のような風景が取れる箇所は非常に限られます(伯備線との合流点付近など)。
 もう1つ、関西本線の名古屋―亀山間の可能性も考えたのですが、こちらも機関車はDD51だったと思います。
 関東方面ならば、水戸線がこの写真に非常によく似た風景が広がっています。ただ、機関車はEF80, 81になっていて、ディーゼル機関車が入ることは無かったと思われます。
 確か草津線は電化後に残っていた客車列車はディーゼル機関車牽引で、DD51は入っていなかったように記憶しており、また、伊勢神宮方面の臨時列車の直通運転がよく行われているのでディーゼル機関車が普通に運用されていることから、写真は草津線ではないか、と考えました。

天理臨、櫟本~帯解~京終ではないでしょうか。

草津線ですが。RP80-5号(草津・桜井・和歌山線電化記念号)P11に電化直後の客車ローカルの写真があり、これはDD51牽引でした。このため、上記の「DD51は入っていなかった~」は訂正します。
この写真は1980年3月3日に貴生川―甲南間で撮影されたもので、架線柱の構造がよく似ていることと、季節の関係で田起こしを行ったところですが、水田が広がっているところがよく似ています。
同時期電化の和歌山線、桜井線の可能性もある(天理臨など)と思ったのですが、同じくRP80-5号の和歌山線の写真ではもう少し山が迫っています。また、電化後の奈良線かとも思ったのですが、こちらも割と山の中を走っているように感じたので、やはり草津線だろうか、と思いました。
ちなみに草津線の客車ローカルですが、電化を機に50系客車に置き換えられています。また、電化の時期から湖西線用の113系2700番台は「草津線電化用」の件名で落成したと思われます。

ぱっと見て、すぐに桜井線だな!と感じました。
JR後に天理臨撮影行ったことありますが、牽引機関車はDD51でした。
国鉄末期はDE10牽引だったのですね!

なにわさん、
おっと駅間まで!さすがに地の利でしょうか、帯解-京終で、見事正解です!

shigosenさん、
うまく言えないのですが、なんかこう、ピンとくるもんってありますよね。当時は竜華にDE10の配置があったので、京都から入る天理臨は亀山のDD51より竜華のDE10の出番が多かったように思います。スノープローの付いたDD51が奈良~桜井線に入ってくるなんて、あり得ませんでした(笑)。

原口さん、
面白い考察をありがとうございます。草津線は定期の客レもそうですが、団臨も結局西から来て加太を越えるものが多く、そのまま牽けるDD51の方が多かったと思います。架線柱に関して、時期的には奈良・桜井・和歌山の電化は草津線の数年後ながら、形態的に両者は非常に近いものだったように記憶しています。
プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

ウェザリング 工具 塗装関連 インレタ パーツ 

ブログ内検索
RSSフィード