山陰本線 嵯峨-保津峡のバルブ

思い付き、とでも申しましょうか、やがて新線に置き換えられる前に、バルブをしておくべし、と、
0198712c_0007.jpg日暮れ前に山に入って、

数時間、
0198712c_0011.jpg暗闇で延々とバルブをしたことがありました。

露光時間をどのぐらいにしたのか、さっぱり覚えてませんが、
0198712c_0012.jpg現像結果は思ってたより良かったような気がします。

レンズを変えて見たり、
0198712c_0013.jpg

クロスフィルター使ってみたり。
0198712c_0014.jpg

逆側はさすがに、
0198712c_0017.jpg照明らしいものがなく、ちょっと暗すぎたですかね。

帰りは懐中電灯一本を頼りに下山したわけですが、足許2メートルぐらい先でヤマバトの親子だかが突如バサバサーッ!と飛び立った時はホンマに心臓が止まるかとオモタ。

87年12月。


にほんブログ村 鉄道ブログへ


スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

インレタ パーツ 工具 塗装関連 ウェザリング 

ブログ内検索
RSSフィード