fc2ブログ

クリア吹き付け

さて、それでは本業に戻りましょかー。

インレタ貼り、やり直そうかなぁ、どうしようかなぁ、と本気で迷いましたが、結局面倒臭さには勝てず、そのまま続けることにしました。

塗装終えて、工作のヘボが目立ってきたり、塗装そのものも失敗気味やったりで、だんだん細部の出来栄えが気にならんようになってきた・・・。

今日の素材はこちら。
flatbase.jpg

マッハ模型 65クリヤラッカーと70フラットベース、です。

開けてちょっとビックリ、クリヤラッカーは無色透明、結構粘度も強い感じ、フラットベースは茶がかった黄色で半透明、こちらも粘度高し。GSIクレオスMr.Hobbyのを見慣れている身には少し変な感じ。

もしかするとフラットベースをクリアに足してつや消しを得ようというのは間違いでしょうか??? 本来塗料の方に足すべきなのは理解してるんですが、今回初めてマッハの塗料を使うにあたり、朱色1号のオリジナルのツヤ具合を見たかったので、つや消し調にしようと心に決めつつ、敢えて本体塗装時に足すのを見送り、クリアに足してる次第です。

割合は根拠なく1:1としています。結構チャレンジャーというか無謀かも・・・。

ハンドピース、相変わらず調子悪いっす・・・・。
エア量を減らすと途端に塗料が出ない。今回は素が高粘度ということもあって、もう少し溶剤を足せば解決できたのかもしれませんが、これまた面倒なので、そのまま吹いてしまいます。しかし、どこが目詰まりしてるんでしょうねぇ。ニードルもグッと前に出して掃除したし、ツールクリーナーをカップに溜めてまで掃除したつもりやのに・・・。

ま、たかがクリア、ざーっと吹いてオシマイでエエやん!

ちなみに1:1はフラットベースが多すぎたかな、ものの見事にツヤが消えました。この辺は好みですが、ワタシはツヤ消し調の方がシックリくるんですよねぇ、テカテカしてるよりは・・・。

吹き終わったんで、クモハ31000の屋根のマスキングも外しましたよ!
31maskoffa.jpg

31maskoffb.jpg

31maskoffc.jpg

後位は塗料の厚みでデコボコしてますが、カッターで修正できるっしょ。全体的に、合格でしょうか。バッチリというほどでもなければ、失敗というほどのヘマもなく、まさに今のワタシの工作の腕を代弁してるかのような出来だ(笑)。側面は写真ではキレイな直線が出てるように見えるかもしれませんが、実際間近で見ると、多少波打ってる箇所があります。ま、こんなもんっしょ!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

工具 塗装関連 ウェザリング インレタ パーツ 

ブログ内検索
RSSフィード