京急2000形 2011編成

2000形のトップということもあって、廃車を危ぶむ声もあるようですが、
02018_20110625_031.jpg実際はどうなんでしょう。

それにしても能見台の線路は、
02011_20110625_033.jpgすごいカントがついてるなぁ。

いっそのこと、
02011_20110625_103.jpgナンバーは黒に塗って欲しい。

2011って、去年の年男ならぬ、年車両ってところで、正月はデコレーションも付いてましたね。
02011_20110625_121.jpg撮りたかったなぁ。しばらくは2012~2017と中間車続きでおもろないな。

それ以前に、
02011_20110716_18.jpg

いつまで
02018_20110716_19.jpg走れるか、ですわな。

2000形って、撮れると嬉しいんですが、
02018_20110716_34.jpg写真で見ると、別にカッコよくないな、って思ったりします(笑)。

にほんブログ村 鉄道ブログへ



スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

琴電の車両の動向

京急の車両の動向と関連して、高松琴平電鉄の車両の動向も最近気になっています。

先に京急最後の旧1000形が廃車になり、琴電1300形になって最終的に元旧600形の1075-1076と元旧1000形の1091-1092が廃車になっています。琴電では1070形は1071-1072、1073-1074が、1080形は1081~1090が残っており、これらの車は昭和30年代前半の誕生で老朽化がかなり進行しているはずです。これらの車も近いうちに置き換えられると思われるのですが、代替の車が予想しにくいです。1200形から継続して車両を導入している京急で現在廃車が進行しているのは800形ですが、3両固定で誕生した編成の構成を2両に詰められるかどうか疑問が有り、また、琴電では前面に貫通扉が付いている(かつて非貫通だった京急230形、600形も貫通化改造されている)ので、800形を改造するとしたら貫通扉取り付けが必至になります。
他の1435mm軌間の鉄道から導入するとすると、京成や、13000形の投入が発表された京阪が可能性がありますが、1067mm軌間ではありますが、年度末で廃止を発表している十和田観光鉄道からの元東急7200系の導入も、かつて琴電では昭和40年代後半に東濃鉄道と山形交通から車両を購入した前例があるので、可能性があると見ています。

原口さん、
言われてみるとなるほど、ですね。琴電は例の旧形を除いても味わいのある車両が多く、熱心なファンの方がいるのも頷ける気がします。
次に入線する車両のことなんて考えたこともなかったのですが、800形はなんとなくですけど、無さそうですね。この2000形はもちろん無いでしょうし、とすると他社線からでしょうかね。原口さんの読みが当たるとスゴイなぁ!

800はどこかで書いたかもしれませんが、1C12Mなので3両ユニットでないと走れないので、琴電には投入できません。
2000も同様です。あれももう30年使っているんですね。

京阪2600は車体は1959~1966年製造と、古さでは國鐵廣島を凌駕いたします。2630(これでも30年もの)は手放さないでしょう。

となると、京成3500なんてのが候補に上がりますが、こっちはステンレス車体なだけに・・・。

車体だけなら名鉄6000なんてのはどうでしょうか。

譲渡車にまつわる「幻の車両」

>なにわさん

京急800系の電気システムと京阪2600系についての情報をありがとうございます。京急800系はやはり3両固定でしたか。

名鉄から琴電への車両移籍は実際に名鉄3700型が琴電1020型として入線していたことを思い出しました。今日たまたま模型店で鉄道コレクションの琴電1020型を見つけ、購入しています。名鉄車両の現況を調べてみると、瀬戸線の車両更新が計画されていて6000系が置き換えられそうで、瀬戸線6000系の処遇が注目されているようです。車齢も昭和50年代中頃の新製で、琴電のどの車よりも若いのが注目されます。

余談として、譲渡車にまつわる「幻の車両」を見ると、まず名鉄3700型は北陸鉄道へも譲渡されるという噂があったようで、鉄道誌に3700型の北陸鉄道譲渡は誤報だったという訂正記事が出ていたのを見つけました。一方、琴電では昭和50年代後半(元阪神1060型入線の後)に志度線と長尾線の小型車を置き換えるために山陽電鉄の小型車を導入する計画があったようで、これも鉄道誌に「次の譲渡車」として候補になっているとの情報を見つけました。また、同時期に「阪神からさらに2両購入の予定」ともあったのですが、これは1053-1054のことか、さらに導入(1055-1056?)かはわかりませんでした。また、小型車では、「新京成800型を16m級に詰めて導入する」という構想もあったようですが、新京成のほうで車両を廃車にできない事情が発生して流れた、という話もあります。他に京阪京津線の地下鉄乗り入れによって運用を離脱した80型に福井鉄道や琴電が注目したらしいのですが、回生ブレーキの撤去が難しいとのことで流れたらしいです。
譲渡車は大井川鉄道で興味深い話題があり、現在走っている元特急用電車のほかにも導入が構想された車があり、伊豆急100型、豊橋鉄道7300型が検討され、両車とも老朽化が予想以上に激しいとのことで見送られたらしいです。また、大井川鉄道の京阪3000系は「秩父鉄道へ京阪3000系が譲渡された」という噂話のもとになった車らしいです。また、豊橋鉄道の1900型(元名鉄5300型)は台車(元国鉄101系のDT21)が京福福井の新車に利用されたのですが、当初は1900型そのものの購入が検討されていたらしいです。

幻の車輌

山陽の250ですか、あれは老朽化していたので無理だったのではないですか。冷房化できそうにないですし。

琴電が阪神から欲しかったのは両運の5100ではないですか。京福に負けました。おまけに3ドアだと、当時の瓦町のホームで隙間が空いたのではないでしょうか。

じゃあ、京阪の260や350を入れればという案は、前者は40年、後者は30年の車でしたから、さすがに不要だったのでしょう。
福鉄の場合は台車交換も必要ですし。

なにわさん、原口さん、
挙げていただいている各車の半分ぐらいは判るんですが、残り半分はググらないと姿が頭に浮かばない状況でして、お恥ずかしい限りです。やりとりを拝見していると、譲渡車を受けるにしても、ただ貰えばいいわけでもなく、適当な車両の選定は容易ではないのでしょうね。地方私鉄にもステンレスの車両が普通に走るようになって、一昔前のことを思うと面白みが減った気がしますが、また年月が経てば「古いステンレス車」として貴重な存在になるのでしょう。
プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

インレタ パーツ 工具 塗装関連 ウェザリング 

ブログ内検索
RSSフィード