fc2ブログ

避雷器アース線の加工など

モハ72901、屋根も付きましたんで、パンタ系配管を進めます。
床下塗って、エアブラシを早く片付けるつもりだったんですけど、作業手順に目移りしてしまい、アッチやったりコッチやったりで、あまり効率よくないんですが・・・・。

作用管側はボナのT字割りピン、母線側はキットに入ってたヤツ。
901pansentome.jpg

ヘ・タ・ク・ソー!!
顔洗って出直してこい、って感じがします、ハイ。
取り付けの問題ではなく、真鍮線曲げの時点でのヘボです。これはマジで改善せんと、みっともなくてしょうがない。でもこのまま進めます。次回頑張りませう・・・。

母線側も割りピンさすのに結構苦労しましたわ。パンタ寄りの一部は割りピン挿し直したりしてる間に、線の色差しが剥げて真鍮の地肌が露出しとります。このあたりの細かい工作は何をやってもヘボが出る感じ。いいのよ、初めてなんだから・・・・。

お次はアース線の設置。
901earthori.jpg
こちらはまずまず。相変わらず避雷器の高さに持ち上げる寸法が難しいですが、ま、このぐらいなら良しとしましょう。

割りピン挿しで剥げた真鍮線は接着前に修正したいんで、グレーで色差し。ついでに前面の運行灯のHゴムも塗りましょかね。前回サハ78130で散々な目に会ったんで、アクリル塗料ってことで、近所の模型屋で、タミヤのXF-20(ミディアムグレー)を購入。本当は何色か買って比べてみたかったんですが、2.0ユーロ(330円)もするので断念(日本は定価でも157円)・・・。

で、塗ってみます。アクリルなんで余裕!と、多少のはみ出しも気にせず軽い気持ちで進めます。あ、ちょっとはみ出しちゃった(Hゴム下辺)、と溶剤を含ませたティッシュで拭こうとすると、
hokomaku01.jpg
ナンダヨ、下地侵すじゃん!
オレンジが付着するんで結構ショック・・・・。
水で拭くべきやったんかなぁ・・・。しかもアクリルってサラサラのイメージだったんですが、いざ塗ってみると意外に粘度も高く、Hゴム部もコテコテと厚塗りになってしまい、これまた意気消沈・・・。ちょっとブサイクなんで、やり直そう・・・・。
凹んだ時は続けずに撤収。旧国本でも見ながら寝ましょうや。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト



テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

工具 塗装関連 ウェザリング インレタ パーツ 

ブログ内検索
RSSフィード