ボナファイデ 台車 DT15の組立

さて、と。

一ヶ月半ぶりの工作記事になります。

いやー、そりゃもー3月は忙しくってねー、ちゅうかいまもまだ十分忙しいんですが、それでも最近は、寝る前の30分工作をなんとか継続しとります。

で。

今日は、
P4080012.jpgクモハ73323に履かせるDT15の紹介なんぞを。

ご覧の通り、ボナさんのパーツにしましたが、タヴァサさんとキッチンさんからもそれぞれ改造パーツ(税込294円/420円)が出ているのはご存知の通り。あちらは両方別途DT16が必要、一方のボナのは車輪が無く、どれにするかそれなりに迷ったんですが、結局決め手は、入手のしやすさ、でした。

説明書も立派やし、さぞや面倒な加工が待ってるんやろ、とハラを括って取り掛かったところ、
P4100013.jpg内枠に車輪ハメて、メタルのパーツを取付穴に差し込んで接着、以上。あとはネジ・ボルト・ワッシャーで床板に付けるだけ。あまりに簡単で驚きましたがな。

イジったといえば、先頭車なんで、
P4120014.jpgカプラーポケットになる場所をテキトーに折り曲げて、排障器の取付ベースにしたことぐらい。

カプラーは当然TNですが、
P4210028.jpg前はボナのアダプタ(P-001)にJC28、後ろはDT15のポケットに0381を差してます。

十分エエ感じなんですが、
P4210026.jpg前は胴受けの加工が面倒なのと、構造的に台車枠そのものと一緒にクビを振るんで、曲線でカプラーが正面を向かないのもちょっとな、ってことで、後位のみとしました。

あとは、
P4140017.jpgこれまたボナさんの車上子を。見るからに微小なパーツで肩凝り必至。

取付穴は2か所、と指示されてますが、
P4170018.jpg多分これはHPの作例にあるような、2個並べるケースの話のはず。だって、足は一本しかないねんもん。

で、そんなこんなが終わった状態。
P4170023.jpg屋根が無いのがマヌケですが、床板固定とか車高調整とか、屋根開いてる方がやり易いかな、と。

ひとまず今日はこれにて。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

連結器下のATS-S車上子

連結器下のATS車上子は仙石線らしさが出ますね。仙石線の車以外にも仙石線から松戸―広島と再転属したクモハ73225, 313、クハ79214, 218も同じようにATS車上子を付けていたのですが、何故か仙石線には縁が無かったはずのクモハ73383もこの位置にATS車上子が付いています。
また、排障器も仙石線では先端に小片が付いている車が多かったので、拡大鏡が要求されそうですが、0.14mmプラペーパーの小片を瞬間接着剤の点付けで接着するのが有効と思われます。

胴受け下のATS-S車上子ですが、、ATS-B受電器だけを付けている国電区間の101系、103系をATS-Sの区間を自力回送させる時も連結器の下にATS-S車上子を特設して運転させることがあり、このときATS-S車上子と運転席との間は101系の場合、運転席窓下の通風器から線を出してつなぐことが多かったようで、1982年の関西本線王子駅の冠水事故に伴う車両回送の写真等で見ることができます。

私の方でも仙石線関連で、鉄コレの仙石線アコモ改造車を後期形へ改造する加工が4月に入って休止していましたが、こちらも加工を再開させて近いうちに完成を報告したいと思います。

そもそもATSのない車もありまして

何かナローの台車枠みたいですね。軸受がTOMIXしてますが。

以前にも引用したこのサイト
http://www.ne.jp/asahi/hekkai/rail/
碧海猿渡(臨時列車)の3を開くと、1986年8月の浦和区の回送電車が
出ております。
日根野の短編成化と浦和の中間封じ込め先頭車解消の差しかえでしたが、
やはり通風器からケーブルを通してますね。
101系の回送は芝生さんのサイトに何枚か出てますね。

原口さん、
ほとんど1ヶ月もコメントを放ったらかしで恐縮です。芝生さんのサイトの写真を拝見すると、仙石線はこの位置に車上子が付いてるのが多いですね。前面から見ると、パーツのような細い足ではなく、板(補強か保護が目的?)がボルト止めされているようなので、小さい板キレをハンダ付けしています。
排障器ですが、実車はブレーキシューのあたりから左右独立して取り付けられているタイプが多いようで、こいつをNで表現するのは苦しいと思い、あっさりTOMIXのパーツをまんま付けて終わりってことにしちゃいます。

なにわさん、
ご紹介いただいたサイト様、武豊線のキハ58の記事でコメント頂戴しましたが、ローカルのコンスタントな記録は本当に価値がありますね。ケーブル出してるのはいかにも回送用の応急処置って感じで好きでした。
プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

インレタ パーツ 工具 塗装関連 ウェザリング 

ブログ内検索
RSSフィード