仙石線73形 押込み形ベンチレーターと台座

ウグイスや先代の気動車色塗装に並び、仙石線の旧国を特徴付けている押込み形ベンチレーター。
P5260008.jpg賢明な読者諸氏は瞬間的にお察しいただけるかと存じますが、台座を自作します。

タヴァサさんのパーツが有名ですが、サイズが大きいと聞いたので、節約も兼ねまして。

寸法は幅4.2、高さ4.5、はみ出す部分の高さが1.0、台形部分は1/3の頂点をつないだだけ。
P6010002.jpgとは申しますが、寸法通りに切り出す腕があるはずもなく(笑)。

最初は0.25でやってみましたが、厚過ぎな気がしたんで、イエローサブマリンの0.14です。


屋根側準備中。
P5290001.jpg

台座のボルトは0.2mm真鍮線でも植えようと思ってたんですが、台座を屋根色と別に塗ることを考えるとかなり煩雑なんで、
P6060004.jpgゼリー瞬着点付け。位置・大きさとも統一出来る訳もなく、手作り感いっぱい(笑)。

ただ千鳥状に互い違いに並ぶんで、
P6060005.jpgそれほど気にならないと読んでます。

本体は定番のTomix PB-100ですが、
P6060007.jpg何気にバリの跡を整えると、底辺が欠けていることが多くて、少々残念。

次はいよいよ配管だ~!


にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

なんと!台座自作とは恐れ入ります(^^;)
そうそう,この大きさですよね!!
ボルト表現もご苦労様でした…自分なら裏からケガキ針で突ついて終わってしまいそうです。。
ベンチレーターの欠けは,お持ちであれば光硬化パテが有効です!
配管⇒塗装と楽しみにしております~。

南ヒナさん、
某誌Mook本にて、著名な某氏が、某社のパーシは大きい、とおっしゃっていたので(笑)。ボルト表現は拙過ぎてお恥ずかしい。塗装後に残ってるか?消えてたら笑ってやって下さい。
光硬化パテって、エポキシパテと何が違うの??? ってな話はまた今度。なお、ベンチの欠けてるのはスルーするって決めてます。。。
プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

ウェザリング 工具 塗装関連 インレタ パーツ 

ブログ内検索
RSSフィード