EF81 105 敦賀第二機関区

いつも古い写真でごめんなさいねぇ。
081105_198203.jpg 83.3.21、ロクイチの3回目の「つばめ」があった日の、急行「加賀」。ダブルは珍しいですよ。それにしても、当時の安もんのズームって、こんなに電柱曲がるんですね(笑)。

83.10、マヤ付き。
081105_my_198310b_0008.jpg東海道はニモレ併結でしたが、ニモレのない湖西線は貨物にくっつけてた、ってことですかね? ファインダー越しに貨物のケツまで入った、と喜んだのも束の間、もの凄いスピードでカッ飛んできた117系の新快速に、あっという間にケツ被りにされてしまいました。。

84.5、コキ。
081105_198405b_0021.jpg

ポジと二台切りしてたんですけど、
081105_198405p_0038.jpgこっちは影がバーンッ、おまけにブレてるし、色も変やし、ゴミ写真。

105番はローピン敦賀のまま、2002年に廃車のようです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ



スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

一番上の写真のEF81同士の重連が珍しく感じました。
長らく関東住まいという地理的環境もありますが、EF81形は他の形式の機関車(EF65やEF64)との重連(厳密には後位の機関車は回送)はしばしば目にする機会はあったのですが、EF81同士の連結は目にしたことはありませんでした。また、後ろのEF81も電暖表示灯が縦長の中期形なので、105号機に近い製造(80番辺りから120番辺り?)の車両とわかります。
下の写真のマヤ34+貨車の組み合わせも珍しいです。

重連関連で、以前運転会等でEF58重連の荷35レの構想を話したことがありますが、MICROACEの荷37レを購入できたのを機に、構想を少し変更し、製品は「昭和59年頃」が想定されていますが、少し変更して昭和55年頃の荷37レにしようと考えています。荷物車の方はMICROACEのセットの7両にKATOのマニ36(元スハ32)とマニ60を組み合わせ、以前の「鳥海」のスニ40と同じ方法でスユ44を作ることにより、割と簡単に山陽本線での荷37レに仕立てることができます。機関車は広島運転所の左右一体型ひさしの車で割と遅くまで在籍した62号機を構想しており、重連の車はEF58にするか、EF61にするかは考え中です。

原口さん、
確かにパーイチのダブルは、関門を除けば、回送でしか発生せず、ましてやパン上げというのは珍しいのかもしれません。記事でも過去書きましたが、敦賀以西から北陸に入る臨時列車は多く、かなりの頻度でカマを大阪へ送る必要が生じたわけですが、86年にはもっぱら「つるぎ」「日本海」が送り込みの定番列車として採用されていました。
ところで今度は東海道の荷レですか! 原口さんならではのリアルな再現を楽しみにしております。ゴハチも見たいですけど、EF61もイイですね!
プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

ウェザリング インレタ 塗装関連 工具 パーツ 

ブログ内検索
RSSフィード