飯田線 1982.11.23 東上から南下

江島-東上で静ママを2本撮った後は、あっさり、
0821123a_0057.jpg 80系に乗って南下します。
写真中央、どこにでもあった保線小屋が懐かしいですね。いつの間にかこういう物も姿を消した感があります。

途中駅の豊川で。
0821123a_0058.jpg相変わらずとっつぁんは精力的です。

同ホームの後発列車。
0821123a_0059.jpgクモハ50008はこのブログでは初めて、でしょうか?

さらに電車の窓から。
0821123a_0060.jpg貨車に目が行きますね。

降りたのは、
0821123a_0061.jpg船町でした。

東上から船町で、5カットをものにする父に対し、ワタシは、
0821123b_0050.jpg東上進入シーンと、

船町での、
0821123b_0051.jpgワンショットだけでした。。。


にほんブログ村 鉄道ブログへ




スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

80系は上の写真と下の写真がともに「41」の番号札を助士席側窓上に掲げているので、上の写真の豊川まで乗ってきた列車が豊橋で折り返して下の写真として撮影されたものですね。
「41」という番号なのですが、編成番号かと思ったのですが、写真の撮影時期の1週間前(11月13〜15日)に芝生さんが飯田線を訪れており、このとき撮影の写真と見比べてみたら、編成番号ではなく、運行番号のようです(翌日別の車が同じ番号札を掲げている例がいくつか見つかったため)。芝生さんは北部で主に撮影していたようで、「41 」の番号は芝生さんは捕捉していませんでした。

飯田線関係で鉄道コレクション改造でクモハ54007を制作しました。まず「我が心の飯田線掲示板」の方に報告しましたが、こちらにも製作過程を報告したいと思います。

80系の札

80系の前面にぶら下がっている札は、原口さんの推察どおり運用番号の札です。豊橋区の80系は基本4連ではありますが、工場入場や編成替えはなぜかTc-MもしくはM-Tcの2両が組となっており、固有の編成番号を付ける事ができなかったみたいです。119系投入時に6連運用からはずれたクハ85を4連に組み込んだ際も、対のM車とセットで組み替えていますし。
いつぞやのRP誌では出場後の試運転をTc-M-Tcの3連というのも出ていた記憶があります。さすがにTc-Mのみでの試運転というのは無理だったみたいです。

飯田線は戦前形も含めちゃんと運行番号を表示していて律儀な線区でしたね。身延線は同じ静鉄で運行番号差がありながら使われていなかったのに(笑)。

原口さん、
豊川の80系とクモハ50008は、短い停車時間の間に撮ったもので、そのまま乗ってきた80系で船町まで行っています。船町駅での写真は、乗ってきた列車の後追い写真です。
ところでクモハ54007って、どうやって作ったんだ???と全く想像できませんでしたが、飯田線の掲示板の書き込みでようやく理解できました。思い付くのもすごいですが、やっちゃうところがもっとすごいです(笑)。

七久保さん、
豊橋区の80系が、Tc-M、M-Tcで組になってたのは知りませんでした。というより、当時80系の車番に全く興味が無かったのが実際ですけど。静ママの運行番号は、前日の1番違いの表示で走っているケースがちらほらあったように思いますが、概ねしっかり運用されていた気がしますね。
プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

工具 塗装関連 インレタ ウェザリング パーツ 

ブログ内検索
RSSフィード