fc2ブログ

ガラスの取付 ボナ M72901

サッシも済んだので、ガラスを取り付けるわけですが、位置を合わせる微調整で、サッシが取れやしないかと、気が気でないワタシ。といって、妙案があるわけでもなく、気をつけてやるばかり。

クモハ31000は、一枚をビーッと貼って済ませましたが、
sagdansa.jpg
客扉と窓の間にこれだけ段差がある以上、さすがにそこまでの横着はアカンやろ。
ってことで、各寸にガラス(透明プラ板)を切って、ブロックごとに貼り付けてゆきます。

正しい寸法に切るのが肝要で、さもなくば段差に乗り上げてしまうか、開口部に端が露出してみっともないことは言うまでもない。

何枚目かで、置いてみるとガラスが短かったので、ヤレヤレ切り直しかと溜め息をつきながら外したら、
sassicome.jpg
案の定サッシも道連れに。
小さく悲鳴を上げながらも、すかさずカメラに手を伸ばして写真を撮ってるオレ、我ながら健気だこと。

ま、瞬着でもう一回付け直すだけの簡単な話ですが、作業ペースが乱れて(心も乱れて)あまりよろしくありません。さすがに瞬着で付けた直後にガラスを貼る気にはなれないので、該当箇所を残して終了。
glassless.jpg
そそ、貫通扉も付けましたよ。扉だけをベージュに塗ってますが、ここは幌枠の内側断面もベージュが正解かも?と最近気付き出したところ。妻面開放状態のカラー写真って、本当に少ないですねー。若い頃に何度か電車区を訪れたことはありますが、連結面の写真なんて撮ったことないもんなー。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト



テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

お~朱色にアルミサッシの組み合わせはカラー写真では見慣れてないので新鮮な感じです
当工場ではサッシ⇒ガラス貼り付けの手順は同じですが,サッシもゴム系で付けちゃってます
強度的には大丈夫なんですが~未だにゴム系の扱いには不慣れです(蓋を開けた瞬間ドバっと出てくるナド…笑)

帰ってきました

長期出張から戻ってきました。永尾さんの画像掲示板と「我が心の飯田線」掲示板に挨拶をしてきました。

模型の方もかなり進んで完成が近い様ですね。

幌枠の内側の塗装ですが、車内色の様です。以前に「我が心の飯田線」掲示板で紹介した貫通扉塗装の情報では、「扉だけでは無く、幌枠の内側も塗装」とありました。芝生さんのモハ72705の写真が後位妻面が露出した状態で、幌枠内側の様子がわかり、扉と同じ薄緑色で塗られています。ただ、幌が付くとよくわからなくなるので、戦前形の厚い幌枠で無い限り気にするほどでは無いかもしれません。

 窓の接着ですが、全て瞬間接着剤という荒技を使っています。曇り対策として、窓セルはマスキングテープで裏打ちを行い、1日おいてからマスキングテープを剥がす、という方法をとっています。
 瞬間接着剤の白い曇りですが、白い粉が吹き出して貼り付いているので、白い粉を払う(ブラシで払うか紙で拭う)ことで対処できる場合が有ります。

 ゴム系接着剤ですが、接着後の経年劣化で接着力が無くなりやすい様です。10年ほど前にタヴァサホビーハウスで店主さんにその話を聞き、当時KATO115系のベンチレーター別パーツ化をGREENMAXの押し込みベンチレーター(貼り付けるだけのもの)で行っていて、その後の脱落に悩まされていたので、なるほどと思いました。

 おまけですが、窓枠パーツの意外な使い方の話も伺いました。TAVASAで73系全金更新車や920番台を発売した頃、窓枠パーツの別売もしたのですが、本来キットに付属しているものなので、別売品の用途がわからず、タヴァサの店主さんに伺いました。店主さんの話では元々失敗等でキット付属が足らなくなった時の予備品として発売したつもりだったのだが、買う人が意外と多く、驚いたとのことで、店主さんが購入した人に聞いたところでは、「フリーランスの車両を作る時の窓枠として利用している」とのことで、意外な使用法があったと感銘を受けたとのことでした。考えてみたら、自作車両で窓を表現する場合は素材を切り抜かなければならない訳で、特に2段窓の切り抜きは面倒(1990年代中頃より前のTMSでいろいろ技法が紹介されています)だと思うので、2段窓表現もされているパーツの転用はけっこうよい手段だと思います。

窓ガラス取り付け

こちらは透明ゴム系です。原口さん(お帰りなさい)のおっしゃるとおり、10年もたてば、接着力は低下します。はがれたら、また貼ればいいと割り切ることです。

私もゴム系ですね

こんばんは~
窓ガラス取り付けお疲れ様です。
私もクリアのゴム系接着剤を使っていますね。

基本的に原口さんの言うとおり瞬間接着剤は「白華」現象がありますので、塗装後は厳禁にしていますね。
確かに、接着力低下はゴム系接着剤ですので当たり前ですし、手荒なことをしない限りは部品脱落もないですから気にしていませんけどね(^^ゞ
作製から15年以上経過したキットがヤマほどありますけど、特に問題はありませんし…

要は保管条件だと思います。
ゴム系接着剤の劣化要因は「熱」と「オゾン」ですから…

皆さん、コメントありがとうございます!

南ヒナさん、
オレンジでシル・ヘッダー&二段サッシという個体は、他にほとんど思いつかないぐらい少ないんですよね。ワタシもゴム系は苦手です。パレットにひと盛りしてから爪楊枝ですくってますが、欲しい量だけ取るのが難しくって・・・。


原口さん、
お待ちしておりましたよ~、お帰りなさいまし。洋上勤務お疲れ様でした。陸の勤務とは異質の精神的な厳しさがあると聞いたことがあります。
芝生さんの掲示板の富山港線、拝見しましたよ~。あれほどの精度で金トヤの個体が揃ったのは本邦初では? 遠めでも作り込まれているのが拝見できて、圧巻でした。
さて、窓セルを瞬着っちゅうのは、かなり異端かと(笑)。マスキングテープですかぁ、面倒くさそう・・・。でも確かにしっかり接着できるわなぁ。30年後に一人で笑うのは原口さんだったりして(笑)。ワタシの両面テープは5年ももたないかも・・・。
幌枠内側の色情報もありがとうございます。次回からソレでやらせてもらいます。今回は見送りです・・・。


ゴム系のなにわさん、
そう、割り切りも必要ですよね。壊れる話じゃないですからね。ただ、両数が多くて全滅になることを想像すると結構切ないです・・・。


知佳さん、
そうですかゴム系ですか。保管条件って、あまり注意を払われていないエリアのような気がしますが、車両を長持ちさせるために留意すべき大事なことですよね。15年選手の言うことは説得力があるなぁ。


結局両面テープで横着こいてるのはワタシだけじゃん・・・・。
何年か後に、パラっと落ちてる車両が出た時までブログが続いていれば、正直にお伝えしたいと思います・・・。
プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

工具 塗装関連 ウェザリング インレタ パーツ 

ブログ内検索
RSSフィード