EF81 70 長岡区

退色マックス。
081070_198604c_0063.jpg86年5月。

同じ列車のモノクロ。
081070_19860518_4074.jpg92年の廃車と、早めの引退だったんですね。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

「暗室」の撤去、昭和40年頃の写真情勢

2枚目の白黒の写真の縦の縞はフィルムの方の現像むらでしょうか。
先日の写真も右側が暗いものが続いていますが、これはシャッター関係の故障でしょうか。

白黒写真に関連して、9月初めに母校(高校)の文化祭に行き、20年以上前のことですが、在籍していた部活(地学部)へ挨拶をしてきました。高校在籍当時教員室に併設の暗室で写真の現像を行い、主に星の写真を現像していたのですが、この暗室が撤去され、教員室が広げられていました。3年前に挨拶をした時はまだ暗室が有ったのですが、現在の地学の先生の話では、理科の全ての教員室にあった暗室が一昨年の建物の補修工事の際に撤去されたそうです。
また、この補修工事の際に黒板がホワイトボードに変わっていました。

また昭和40年代のRP誌の話ですが、当時写真のコンテストがしばしば行われており、写真の講評に当時の写真機、フィルムの情勢が反映されています。現像時にフィルムに傷をつけることが評価を大きく下げることや、印画紙への焼き付けでピントが甘い作品が多いことなど、現像技術に関する評価の他、昭和40年頃はまだカラーフィルムの質が良くなく、特に日本製品の発色が劣ることが指摘されていました。機材に付いても「思い切って良いものを購入する方が良い」とのコメントが有ります。

原口さん、
>2枚目の白黒の写真の縦の縞はフィルムの方の現像むらでしょうか
その通りです。
>右側が暗いものが続いていますが、これはシャッター関係の故障でしょうか
布幕横走りのシャッターに多い、いわゆるシャッタームラってやつです。

高校の地学部の暗室は、補修工事がなければまだ存在したかもしれませんが、そちらでの需要も相当少ないんでしょうね。
昭和40年代はRJ誌もRP誌も月例のコンテストがあったようですね。ワタシも白黒の現像は、「蒸気機関車」の別冊(だったか、小さいサイズで表紙が水色で木次線のC56)で随分勉強させてもらいました(って現像ムラのあるカットも多いですけど、笑)白黒は時間がかかるのが難点ですが、他では得られない楽しみでもありましたね。
プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

ウェザリング 工具 塗装関連 インレタ パーツ 

ブログ内検索
RSSフィード