仙石線 73形 屋根のウェザリング

屋根はどうやって汚したもんやら、かなり迷いました。

片町はブラグドンの粉を使いましたが、あらためて見ると、思い描いている姿と違うようでもあり。。。。
車体と同じウォッシングでもいいんですが、もっと境界をぼやかしたい気もするし。。。。

ということで、あらためてエアブラシを吹こうかと。

ほとんど終わった姿ですが、
P2070001.jpgここまで進んであらためてマスキングするってのは、何とも言えない後戻り感があります。インレタ貼った箇所には紙切れを挟んで万が一に備えました。後戻り感もそうですが、やっぱりパーツ付けた後は、影になって塗り残しが出やすいんで、そういう点でも屋根を塗り終えたらあれこれ接着する前に、そのままウェザリングってのが効率的な気がします。

クハ79900。
P2090005.jpg微妙なグラデーションをお分かりいただけますでしょうか。
このクルマだけスウェード調スプレーを吹いてないんですけど、冷静に考えてみると、半鋼製だろうが全金だろうが、イボ付きビニールには変わりがない、つまり屋根表面のテクスチャーは同じであるべき、ってのが正しい気がするんですけど、どうなんでしょうか。このあたり、識者の見解をお聞きしたいものですが。

モハ72251。
P2090004.jpg

パンタ周りは黄色系を吹いてます。
P2090003.jpg使用した塗料は4両とも、全体にAKインタラクティブの66(DAK Wash、やや茶色がかった濃いグレー)をうっすら吹き、その上から17(Earth Effect、薄い茶)をランダムに吹いています。パンタ周りは前回ご紹介したライフカラー鉄道シリーズの724 Brake Dustに、彩度を落とす目的で722 Roof Dirtを加えて吹きました。

サハ78側にも、
P2090014.jpgパンタ汚れを表現しましたが、妻板も汚すべきだったな、と写真を撮りながら気付きました。。。

不作為な汚れってことで、
P2090015.jpg剥げみたいなのも黒っぽい塗料を綿棒でちょいちょいと押し付けてみたんですが、これはあまり「らしく」ないっすね。

クモハ73も、
P2090019.jpg他の3両と、特に違いはございません。

このアングルだと
P2090020.jpg重ね塗りのグラデーションがわかり易いですかね。

アップにして思うのは、
P2090021.jpg汚しの表現の拙さも然ることながら、あちこちで直角・並行が出せてないってこと(笑)。特に乗務員扉脇のテスリって、付けた時はまっすぐでも、工作終了する頃には当たったり押されたりで、だいたい曲がってたりする・・・。

いわゆるギラリ系。
P2090017.jpgこのテスリはマジで恥ずかしい・・・。

そういやDT15も、
P2090025.jpgアタッて下地の銀が出まくりです。タッチアップしてから、床をもう一度汚して、それでもって完成ってことにしましょっかね!


にほんブログ村 鉄道ブログへ



スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

塗装関連 パーツ インレタ 工具 ウェザリング 

ブログ内検索
RSSフィード