82年12月 クモニ83102 豊橋駅にて

82年11月23日の次の訪問は、翌週の12月2日、といってもこれは父親単独で、会社の出張の寄り道、と言ってたような気がしました。

1コマ目は、
821202_0001.jpgここではよく登場する、昼過ぎの1223Mであります。この時期は屋根の影がまともにかかってアレですね。

クモニ83102はこの頃、
0821202_0002.jpgオデコがとても汚いわけですが、半年後の引退直前の写真では、綺麗になってることに気がつきました。検査表記が56-8なので、この後入場したとは考えられず、トヨ区での洗車によるものでしょうか。

湘南顔の兄弟が、
0821202_0003.jpg過去に東海道ですれ違ったことがあったかなかったか。父親は1223Mにて北上します。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

クモニ83100台の形態。

現在GRRRNMAXで新発売されたクモニ83100台を作っているのですが、101~103の3両の資料を見比べたところ、どこかしらに違いがあることがわかりました。特に目立つのが屋上配管で、製品の配管の形態は103に最も良く合っています。102は避雷器から車体へのアースの配管が無く、101は避雷器の移設が必要です。また、乗務員扉の下のくぼみの形態も3両独特で、厳密にはどこかしら加工する必要があります。

原口さん、
おっと、GMの新クモニ83100ですか! 3両とも屋上配管が違う中で、102によく合っている、ということは、しっかり考証された上でのモデル化ってことですかね。旧製品とほとんど変わらんやろ、と思ってましたがそうでもないんですね。続々と旧国系が製品化!なんて世の中甘くないのは承知していますが、買いたい!と思わせるこっち方面の車両が出て欲しいもんです。。。
プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

塗装関連 パーツ インレタ 工具 ウェザリング 

ブログ内検索
RSSフィード