DD51 666 米子機関区

84年8月、当時のワタシにしては珍しくしっかり撮れている、
0510666_198408p_0076.jpgお馴染み武田尾のお立ち台を行くDD51 666の客レ。ここにお立ち寄りの皆様だと、カマ番よりむしろ客車の方に目が行く方も多かったりするのかも。大阪1時発の列車でしたか、マニ50が特徴的でした。

せっかくのゾロ目が見えにくいので、
0510666_198408p_0076b.jpgアップをアップしておきましょう。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

「銀河鉄道999」より

「銀河鉄道999」では999号の他、111から888までの8本の列車が存在しており、このうち「666」号がDD51牽引だったことを思い出しました。当時のアニメや漫画で直接見たことは無く、当時多く存在したアニメの特集本で111号から888号までの設定画があり、このうち666号の機関車がDD51によく似た機関車だったのを覚えていました。
あらためてWIKIで情報を見ると、機関車は実際にはやや大雑把で「ED30やDD51のような凸型機関車が先頭」と記載されていました。
他にアメリカンスタイルの蒸気機関車が牽引している列車も記憶にあったのですが、WIKIでこの列車は888号だったことが確認できました。蒸気機関車では他に444号がヨーロッパスタイルの蒸気機関車、劇場版でビッグボーイが出ているようです。
999号の客車はMICROACEが模型を発売した時、スハ44型がセットになったことが話題になりましたが、原作(昭和50年代中頃の雑誌連載時)での表現はスハフ43型1~3がモチーフにされていたらしいとのことで、確かにスハ43系と比べると小窓が連続しているレイアウトだったことを覚えています。

これまた色鮮やかな写真ですな。昨日撮ってきたって言われてもわからんで。私はご存じのとおり全くカマ番気にしない派なので、オールブルーの客車に目が行きます。カマがDD54かDFやったらなあ~(笑)

原口さん、
面白い角度からのコメント、ありがとうございます。999といえばC62 50しか思い浮かばず、そんなにたくさん編成があったとは知りませんでした。松本零士先生は、実車が米子にいたのをご存知だったか気になります。

福島の人さん、
ちなみに無修整です。フィルムはRD(Pではない)ですが、この色調の安定感は本人も驚くばかり。DD54もDFも、やっぱり手が届かんかった時代への憧憬ですなあ。

懐かしい

自分もよく見ましたよ 先の初期型もそうですが ホント米子の釜は沢山在籍して あの頃が一番良かった時代でしたね

重連の際 初期型は総括出来ないから 出発時 長い汽笛の後に 軽く短めの汽笛が鳴るのも印象に残ってます

山陰西者さん、
遠目でもわかる若番が来た時が嬉しかったですね、「オッ、若番やっ!」ってね。非重連が混じった重連は見たことなかったです。これまた後ろが若番やった時はストレスやったでしょうね。
プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

工具 インレタ ウェザリング 塗装関連 パーツ 

ブログ内検索
RSSフィード