桜井線 105系 1986年6月

86年の夏、桜井線にC56が走るってんで、6月にロケハンを敢行したのであります。乗ってみて、予想以上の見せ場の無さに驚かされたわけですが、これは、
0ec104-500_19860608_0027.jpg下り(返し)の桜井駅の手前、やや無理矢理気味の三輪山バックです。実際の撮影では停車駅の手前ということもあって、ここで撮ることはありませんでした。

これはメモによると
0ec105-10_19860608_0028.jpg クハ105-10。しかしやっと電化したと思ったら、非冷房でバリバリの改造車とはねえ。さらにはいまだに現役っちゅうから、ここまでくると感心しますわ。あ、当時冷房車も投入されたことはフェアに付記しておきましょう。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

あとは若草山バックですか、これも大したことはないか。
すぐに4本ほど冷房改造されましたっけ。
まあ、こんなところ、こんなのでいいってことなんでしょう。
必要なら221系入れればいいので。

桜井線は昭和40年代のRP誌の国鉄ローカル線特集でも取り上げられており、最近のRPアーカイブスにも収録されています。このなかでも全体に特徴に乏しいことが触れられていました。
電化は105系投入よりもかなり前の1980年3月3日で、和歌山線も五条までが電化されています。この時は113系の関西線快速色が入ったはずですが、113系の6両編成では輸送力を持て余したのではないかと思われます。興味深いのは和歌山線経由で和歌山へ行く急行の一部が桜井線経由で運行されていることで、最末期は55-10改正より京都―和歌山間急行「紀ノ川」が桜井線経由で走っており、奈良線と和歌山線全線電化の1984年10月1日に廃止になっています。このため、105系と急行「紀ノ川」の組み合わせは営業運転ではおそらく実現していませんが、電化直前の訓練運転で並びが実現しているかもしれません。

もっと露骨で

その頃のジャーナルでは、廃止してバスにした方がいいとまで書かれていました。当時の県道(現在の国道169号線)では、奈良~天理が毎時6本、桜井~天理が毎時2本以上、八木~高田は毎時3本以上バスが走ってましたから。桜井~八木は本数まで覚えてません。
今?奈良~天理に毎時4本は走ってますが・・・八木~高田はひところ一日5本(八木新宮線のみ)になってましたが、最近、昼間はイオンモール橿原へのバスが八木と高田から走っているので多少は増えているようです。
そうそう、電化当初の桜井線は113系4連でした。6連は朝夕の湊町直通電車(今は201系6連)ぐらいだったような気がします。
105系と「紀の川」の顔合わせ
http://www.railstation.net/hyon/062mini84/01.html
の頃ですね。試運転では顔合わせをしているはずです。
桜井線経由の理由ですが、関西線経由だとネットダイヤが乱れるというよりも、天理への足ということが大きかったのでしょう。
平成になっても名古屋からの「かすが」が臨時延長されてたのですから。

原口さん、
おっと、和歌山・奈良線電化と混同してしまいました、失礼しました。113系の4連から105系って、グレードアップともダウンとも評しにくい微妙な線ですね。

なにわさん、
毎度辛口ですが、言い得てそうですね。写真の当時は乗ったのが日曜というのもあったかもしれませんが、車内は閑散としていたのをはっきり覚えています。近年は人口も増えたのでは、と想像しますが、どうでしょう。「紀の川」の桜井線経由は、天理への客を考慮して、ってのは鋭いですね。
プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

インレタ パーツ 工具 塗装関連 ウェザリング 

ブログ内検索
RSSフィード