JNMAに行って参りました

毎年恒例、JNMAに行って参りました~

いやー、相変わらずの盛況ぶりで、こんなにもお好きな方がいらっしゃるのかと、特に商品に群がる方々のパワーには圧倒されるばかりです。それにしても激暑でしたな、今日は。

今年のお買い物は、
P7070010.jpgこれだけ? って感じですが、実際控えめで、6Kぐらいでしょうか。キットはいくつか手を出しそうになったのもありましたが、もうね、数年越しで恥ずかしくなるぐらい積んでますからね、制御セイギョって感じです。あ、何気に一番目立ってる「荷郵電 列番表示器」は配給電車さん自家製の非売品でございます。毎度思うんですが、これは売り出すと喜ばれる方も多いと思いはず。

さて、これじゃあ都内のパーツ扱ってるお店での買い物と大差ない感じですけど、今回のお目当ては、コチラ
P7070013.jpg「鐵」工房さんのインレタでした。右下見えますか、「配給車代用」っつう、欲しかったヤツです。これがキット着手のドライブになればいいんですけど!

お会いしたお仲間の皆様、特に実演チームの先生方、お疲れ様でした~! 


にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

当日はおつかれさまでした

私の方は箱モノは1つだけだったのですが、別に袋入りの真鍮キットを購入しており、購入重量としてはそれなりな量になりました。

ワ12000型の配給車代用は以前配給電車さんが紹介してくださった大井工場への配給貨車列車の中にも連結されており、「ワム」車より一回り小さい車体が印象的でした。

15t車が主流な中で10t車が製作されたのは、不況が関係するそうで、ワ12000型の場合は朝鮮戦争終結(1953年)による戦争特需が無くなったことによる不況によるそうです。これ以前に10t車が製作された時期も不況関連で、昭和戦前の有名な「世界恐慌」の時期に該当します。

ワ なつかしい 

ワ12000 覚えています。子供の頃に、ワムやワラが連なっている中に、背の低い有がい車が1両はさまっているのをよく見かけました。ナンバーを見れば「ムラサキ」より軽い、ただの「ワ」。何でこんな小さい貨車をつくったのか・・・と思い、本を読むと原口さまが書かれたような内容が載っていました。「ワ」「ポ」「ミ」「カ」のような形式の貨車はもう出てこないんでしょうね

原口さん、
当日は、富山港の書き物を頂戴しありがとうございました。岡山の大作も拝見出来て良かったです。ところで袋入りの真鍮キットって、何でしょう?(笑) ワの配給車代用インレタは願ったり叶ったりで嬉しい製品です。でも2点しかないのですごいプレッシャーです。ワの登場の背景ですが、変化の激しい昨今では考えられないような話で面白いですね。

にしもとさん、
なにせ貨車には見向きもしなかったので、実見してたかもしれませんが、まるで記憶にないです。。ただ59.2直前あたりでは、あまり活躍してなかったんでしょうね。
プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

インレタ パーツ 塗装関連 工具 ウェザリング 

ブログ内検索
RSSフィード