EF58 143 715系回送

タイトルのまんまですが、
058143_198310b_0006.jpgゴハチの143番が牽いた、715系の回送です。

83年の10月で、同じスジで3回あった気がしますが、ワタシが撮れたのはコレだけでした。ほぼ7111のスジながら停車時間が定時より長くて、それでもって20コマぐらい切ったものの、全部露出は同じで、見事に全コマ+1.5ぐらいオーバーなのは、もう笑うしかありません。

これが一回目の回送やったか、ものすごいパニックやったのを覚えています。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

イイですねぇ~!この際、ブタ目の143番でも無問題!アノ頃の空気が伝わってきます!素直に羨ましいデス!

シールドビーム改造の趨勢など

715系の回送は確か1000番台の時の583系に挟まれた回送列車が有名ですがEF58牽引の時もありましたか。EF58 143は原型小窓とPS15型パンタグラフがわかります。また、間に挟まるマニ36型は絞り折妻で鋼板屋根の戦後型オハ35系改造車であることがわかります。
九州用の715系は583系でも最初の「みどり」「月光」用車等から主に改造されているため、ベンチレーター配置に複数のパターンがあるのが特徴で、この点は後の715系1000番台と419系との大きな違いになっています。
湘南型前面のシールドビーム改造は元祖の80系ではクハ86332のみ、70系ではクハ76021, 074, 076の3両だけで、EF58では竜華の車くらいでしたが、私鉄に拡大すると西武351系や401系等、徹底的に改造された例が多いです。また、竜華のEF15のような外付け式ライトの2灯式シールドビーム化は国鉄では他には高崎のEF15 200くらいしか知らないのですが、私鉄ではこれも西武の371系のように徹底的に工事された例が多く、旧型国電のように全く手をつけられなかった例の方が少ないようです。

配給電車さん、
お久しぶりです~、ブタライトはバルブでは目立たないので救われてます。あの頃の空気、ってなんでしょね、でもおっしゃってることはわかる気がします。。

原口さん、
2灯式シールドビームの普及度は少し謎めいていて、例えばキハ20系や35系は大半が改造されてたような印象ですが、ゴハチだ70系・80系電車は少数派に留まりましたね。もっとも70系・80系に普及させるには、ちょっと遅すぎただけかもしれませんが。
プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

インレタ パーツ 工具 塗装関連 ウェザリング 

ブログ内検索
RSSフィード