EF81 30 富山第二機関区

数日前に「日本海」でも登場してもらいましたが、再び、
081030_198410b_0008.jpg
30番です。14系の7連ってのは、当時的にはやや珍し目だったりします。

もう一枚。
081030_19841123_0030.jpg
コンテナが長いと川の向こうのカーブの先まで写るんですが、あまり気にせずケツ切れになってるカットも少なくないです。。。

30番は2007年に廃車とのこと。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

発電機の関係なんでしょう

スハフ14の発電機は6両給電、7両編成だとスハフ2両必要ですからね。
余談ながらスハネフ14の場合は寝台に電気を食うのか5両給電、オシ14は2両分食う換算となっております。

では、良いお年を、多分。

北海道へ転用された14系客車の500番台は耐寒装備のために4両から5両給電になっており、オハフ15型からスハフ14型への改造を行ってスハフ14型の必要数を充足しています。急行「ニセコ」の季節増結では最大で座席車8両までの編成が実現しています。
一方で、昭和50年代に入ってから落成した12系はスハフ12型が100番台になりましたが、オハフ13型は製作されず、スハフ12型だけが落成しています。このため、12系では7両や8両という固定編成が割と見られました。

なにわさん、
今年も宜しくお願いします。なるほど発電機の関係ですか。そんなこと考えたこともありませんでした(笑)。

原口さん、
83年~86年の大阪近辺では、12系は4~12両編成のあらゆる両数の列車を見た気がしますが、14系はもっとバリエーションが少なかったイメージです。これも早い話がスハフの両数が律則になっていたんでしょうね。
プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

工具 インレタ ウェザリング 塗装関連 パーツ 

ブログ内検索
RSSフィード