下地→豊橋 1983.4.1

どうもサボりが止まらなくてすみません。

飯田線です。
0198304_0033.jpg
荷電付きと牛久保あたりですれ違ってきた1226Mです。16時半ぐらいなんでこの天気じゃ暗いですね。

豊橋まで乗って、
0198304_0032.jpg
クハユニ56004です。記事が間延びしてしまってるのでアレですが、一日で、56002、003、004に遭遇したことになります。

後ろは、
198304_0031.jpg
0198304_0034.jpg
クモハ54108みたいです。

あらためて、当時の静ママの車両の綺麗さに驚かされます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

戸袋窓をHゴム化したクモハ54100台

クモハ54108は戸袋窓をHゴム窓化していますが、この「戸袋窓をHゴム窓化したクモハ54100台」がKATOの流電セットとして発売されます。
KATOの流電は昭和53年3月31日の34運用の編成である

クモハ54119―サハ75106―サハ48034―クモハ52004

のセットで模型化され、クモハ54119が「戸袋窓をHゴム化した」クモハ54100台です。先日松屋銀座の鉄道模型ショウに行き、サンプル展示を見てきました。
クモハ40系列の800mm幅の戸袋窓のHゴム化はリトルジャパンモデルズのキットや鉄道コレクションで何度か工作をしてはいるのですが、「800mm幅のHゴム窓」は他の車輌にはなく、これまでは73系用の700mm窓や113系用の735mm窓を使っていました。

なお、偶数向きのクモハ54100台では、他にクモハ54110も戸袋窓をHゴム支持化していましたが、貫通扉横の手摺の高さに違いがあり、クモハ54110は位置が低く、下辺がシルに接しています。また、テールライト下のステップの大きさ(54110は大きい)や、側面のサボ枠の位置の違い(54108は幕板にあるのに対し、54110は腰板にあり、幕板に京阪神急電時代のサボ枠が残っている)から、写真の車は確かにクモハ54108です。

原口さん、
KATOの流電はさすがにあちらこちらで話題になっていますが、評判は上々って感じでしょうか。飯田線シリーズは結局何一つ購入していないのですが、ここまで我慢すると、何が出ても買わずに済む気がします(笑)。40系のHゴム戸袋窓って、タヴァサでパーツがありますが、やはりGM以外には大きいんですかね? そろそろ模型も再開したいと思いつつ、なかなか工作机にたどり着けません。。。
プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

塗装関連 パーツ インレタ 工具 ウェザリング 

ブログ内検索
RSSフィード