1983.4.1 豊橋駅バルブ

前回ご覧いただいたライト流しは豊橋20:20頃着の1228Mで、折り返し、
0198304_0041.jpg
20:37発豊川行きになる4連でした。クハユニ56011であります。

奥の2両は、0198304_0040.jpg
クモハ54125と、

0198304_0038.jpg
クハ68418です。この立派な幌枠がクモハ43や53に残ってくれれば、さぞカッコよかったのですが。

こちらは22時過ぎ着の1230Mの折り返し、
0198304_0042.jpg
22:50頃豊橋発の終電となる新城行き655Mですが、札が立ってないのはなぜでしょね。クハ47104。

前は助士側小窓が特徴の
0198304_0044.jpg
クモハ54002ですね。

そしてこちら、
0198304_0043.jpg
23:20頃着、上り最終の1232Mです。静ママ4連に天竜峡から荷電2両が付くのですが、天竜峡発が20時前後なのでバルブでしか撮れなかった列車ですね。なんでこんな顔が切れた写真を撮ってるのかっちゅうと、70-210のズームしか持ってなかったのであります。。。。今思い出しても悔しいです。。。。

中間のクモハ54133も載せておきます。
0198304_0045.jpg
この日は00:19豊橋着の東海道線終電で来た父と合流し、豊橋駅のベンチでマルヨしたのでありました。。。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

クモハ43(007,009,013,015)とクモハ53(000,001)の幌枠ですが、横須賀線在籍時は幌枠が薄く、幌が長いタイプの2枚幌を使っており、伊那松島への転入ではクハ47000台、050台と向き合うことが多かったために幌を使用せず、横須賀線時代の幌を撤去していました。このため、両形式の薄い幌枠は横須賀線時代までの原型といえるもので、静鉄形の幌枠は「最初から付けられなかった」ほうが正しいです。クモハ50型は豊橋時代は前面貫通路を使っていたために幌が付いていたのですが、これも、横須賀線時代のものをそのまま使っており、クモハ50008が伊那松島に転属してからは幌を撤去してクモハ53000,001、クモハ43015に似た顔つきになっています。

KATOから飯田線旧型国電第5弾として、クモハユニ64000が予告されました。今回の製品はクモハユニ64000-クハ68412とクモハ51200-クハ47102で、クモハ12052で初めて登場したスポーク車輪と塗り分けられた幌パーツが登場します。

こんばんは。
飯田線の旧国時代は、さぞかし旅情に溢れていたのではないでしょうか。雨に濡れたホームが素敵です。
古いスカ色の旧国は、見ていて飽きません。1両ごとに少しずつ違い、様々なそれまでの遍歴を表しているかのようです。
今ではこの路線にも、ステンレスの綺麗な電車が走るようになりました。お写真の頃からすればまさに隔世の感、想像もつかない世界です。
大きな音を立てて走る横で、名鉄にも古い車両がまだ残っていたと思いますし、いい時代の最後だったのではないかと思います。
貴重なお写真、楽しませて頂きました。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

No title

原口さん、
幌枠に関する内容の訂正をありがとうございます。43015/53000/1あたりは細い枠が残っていますが、あれに幌が直接(?)付いていたはずで、スカ線組は、写真の68418のようなゴツイ幌枠の姿になったことはない、ということですね。

風旅記さん、
コメントありがとうございます。貴ブログ拝見させていただきました。何気ないスナップをたくさん撮られていて、時間が経つととても貴重な記録になっていますね。
プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

工具 塗装関連 パーツ インレタ ウェザリング 

ブログ内検索
RSSフィード