EF60 61 沼津区

60・61って、ちょっとドキドキする番号ですが、
060061_198408_0005.jpg
EF60 61はただのブタライトのEF60です。84年8月、安土-近江八幡。後ろのDD51は稲一か亀山の鷹取入場回送でしょう。

こっちは84年11月の配6981ですが、ちょっと珍しい、
060061_198411b_0001y.jpg
三重連です。ただの無動回といえばそれまでですが。

61番って、6と1の間が不必要に広いように見えますが、気のせいでしょうか?


にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

一番上の写真のタンク車ですが、2番目の車は横長の長方形の社紋板がわかり、モービル石油かキグナス石油で、奥のタンク車は日本石油輸送の社紋板がわかり、これの高さと比較すると、天地がより高いキグナス石油の可能性が高いです。また、前のタンク車は丸い社紋板のようですが、車体色に溶け込んでいるように見え、これは石油荷役(現、ニヤクコーポレーション)と考えられます。ずっと向こうにもタンク車が見えますが、ジャケット付きの車と、その向こうに普通のタンク車らしいものが見えます。

タンク車あれこれ

原口さん、
お久しぶりです。よくこの解像度の低い画像からそこまで分析できますね! 当時からこういったことに興味が持てればさぞ楽しかったろうと思いますが、中学二年でタンク車好きなんて異常でしょうし、当時は機関車・電車が十分面白かったんですよね。
プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

塗装関連 ウェザリング パーツ 工具 インレタ 

ブログ内検索
RSSフィード