1983年4月3日、天竜峡から北上

ハテ、記憶に全く残っていないのですが、天竜峡からは急行に乗って移動したようであります。

でもってすれ違ったのが、
198304_0126.jpg
張り上げ屋根も美しい合いの子、クモハ53007。停車位置に影落ちてるは、傾きまくりやは、で絵的にはゴミですが、それでも心ときめくものがあります。

伊那大島では
198304_0127.jpg
クハユニ56012先頭の4連と交換。

後ろはクハ68409で、
198304_0128.jpg
この写真でワタシが急行に乗ってたのは確定。

さらに乗り進み、
198304_0129.jpg
七久保ではED62 2の貨物と交換。

つづく。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

KATOクモハ53007の改良再生産

KATOのクモハ53007が再生産されます。
最新の製品に合わせたリニュアールが行われ、運行窓がガラスになります。併せて、編成相手も本来の相手のクハ68400になります。クハ68400は「少し内側に寄ったテールライト」が表現されるとのことです。

他、「クモハユニ64000茶色時代」も同時発売されます。こちらの編成相手は、クモハ53007の最初の発売の時に編成を組んでいたクハ68420で、こちらも運行窓がガラスになります。
プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

ウェザリング 工具 インレタ 塗装関連 パーツ 

ブログ内検索
RSSフィード