fc2ブログ

ドイツ DB インターシティ

Deutsche BahnのInterCityです。
dbic.jpg
JRの特急ですわな、比較的長距離を走り、停車駅も少なく。

真っ白な車体+赤帯はICE譲りなわけですが、なんだかICEだけの塗装にしておいた方が優位性が保たれてよかった気がするんですけど、まあ、どうでもエエか。

例によって、電車でも気動車でもなく、客車です。ケツに少しパンタが見えますが、電機がグイグイ押してます。というかコレ、カマが無いと走られへんのは確かですが、オハフというよりはクハですわな。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト



テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

こいつは

Bimdzf269と思われます。窓が開閉可能なようなのでBpmbdmzf297ではないようです。
もともと80年代末に誕生したIR(地域間急行列車)の推進運転用に改造された車で、種車は旧東ドイツのハルバーシュタット型客車です。
詳細は
http://www.rig-bahn.jp/db-page/j-ir.htm
を参考にしてください。

ドイツでは蒸気の時代から推進運転が一般的でしたが、80年代(要はepoch4)までは近郊列車のみでしたが、90年代以降、IRのような都市間連絡列車に導入され、IRがその中途半端故に消滅した後は、ICに投入されているのであります。

日本で推進運転が普及しなかったのは、機関車、電車、気動車、客車それぞれのセクショナリズムにあるのではないかと考える所存であります。

なんやー、なにわさん、えらい詳しいやないっすかー?! IRだハルバーシュタットだ、これまた懐かしい! ワタシが初めてドイツに行ったのは94年ですが、確かにその頃でもIR・ICの推進はあまり見た覚えがありません。技術的なことは相変わらずさっぱりですが、機回しするのと比較するとものすごい省力化ですよね。セクショナリズム、一理あると思います・・・・。
プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

工具 塗装関連 ウェザリング インレタ パーツ 

ブログ内検索
RSSフィード