fc2ブログ

115系3000番台 新製回送

83年6月、高槻電車区にて、川重で落成した115系3000番台電動車ユニットの回送です。
83n_0006.jpg
回送のために115系の4連がお迎えにきたってわけですな。

当時はこんなヘンチクリンなのより、ちゃんとクハが揃って、出来れば川重のHMが付いたやつを撮りたかったんですが。

一体MM'ばっかりこんなに作って、クハはどないしたんや、と、この記事を書くまでずーっと思ってたんですが、Wikipediaによると、クハは先に出て、モハ111・110と編成を組んでたそうな。全然知らんかった(笑)。

裏側。
83n_0005.jpg
いつもの場所にいつもの顔。列車で通過する時は、コレとクエがいつもの場所に居るのを必ず確認したものでした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト



テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

115系3000番台というと

115系3000番台は1982年はTcが21編成分作られたのに対してMM'は6編成分だけで、残りは111系のMM'を組み込んでいました。このトリックは、57-11以前は111系6両編成と153系6両編成が運用されていたのが、57-11で153系を全廃、111系を4両編成に詰め、捻出されたMM'と115系3000番台Tcを組み合わせて編成数は57-11以前を維持したものです。その後1983年にMM'を6編成分追加したのが写真の車両です。確かこのときの新製が115系最後の新製です。さらにその後、60-3改正で111系MM'を冷房改造済みの115系0番台のMM'に差し替え、冷房を取り付けてJR移行を迎えています。

115系3000番台は模型でも凝っており、MICROACEで3000番台と3500番台の8両セットが出たときにいろいろ組み合わせて考えられる限り全てのカラー、番台組み合わせを作っており、後に発売された115系3500番台4両セットやリニュアール車が発売される前に類似のパターンの製作を完了していました。最初の111系編成や、岡山のクハ115-620を組み込んだ編成、300番台MM'を組み込んだ広島快速色編成なども作っています。

訂補です

6編成は増発用、クハだけの15本が153系置き換え用です。
が、111系では脚がついてこず、6本はM車新造、84年2月の改正で0番台冷房車を一部組み込み、85年3月で全編成冷房化を果たしました。

広島の2000番台を供出すれば、車齢もそろったのですが、新車が来ない広島ではよう出さんかったのでしょう。それ以来30年以上新車が入ってないのですから。

115系異聞

>なにわさん
115系3000番台中の111系に関する情報をありがとうございます。111系から115系への移り変わり等はこちらでは完全に把握しきっていませんでした。

中間111系の115系3000番台編成ですが、数本モハ111-モハ110も瀬戸内色に塗った編成が有りました。ただ、なにわさんも触れているように全115系3000番台編成とは走行性能が全然異なり、「走行性能の違う115系と区別がつかない」という理由でモハ111-モハ110の塗り替えが中止になったという話を聞いたことがあります。

広島地区の115系に関する余話ですが、飯田線の旧型国電が特集されているRJ83-8号に昭和50年代の旧形国電置き換え計画についての記事が有るのですが、この中で可部線の旧形国電置き換え計画が「昭和59年度に115系を20両投入予定」とあります。また、RP83-11号や、最近のRPの115系特集に115系を1M改造した車を可部線旧形国電置き換えに投入する構想に触れられています。1983年の時点では115系の可部線投入が具体的に構想されていたようで、もし計画通り実行されたとしたら、1984年度におそらく115系3000番台が4両編成で5本新製されて、非冷房の115系が捻出され、1M改造(MM'をMcに、Tc,Tc'をTc'に)されたと思われます。これが実際には103系1000番台改造の105系転用に変わった訳で、いつ頃から方針が変わったのか興味深い点です。

原口さん、なにわさん、
電車のことならお二人にお任せ、って感じで(笑)。よくもまあそんなにツルツルと出てくるもんですねー! メカ的なことに滅法弱いワタシ的には115-3000のクハと111MM'で組成するのの何がアカンのか今一つピンとこない(だってクハ86とクモハ11で編成作っても問題ないですよね???)のですが、まあ難しい話はさておき。
>それ以来30年以上新車が入ってない
っちゅうのもスゴイ話ですよね。電化されて以来、ずーっとそんなもん、と言ってしまえばそれまでですし、房総方面も似たような感じがしますが、仮にも本線、今や15分ヘッドで列車が行き交う場所なのに、さすが西日本やな、と。
可部線新性能化の話も興味深く拝読しました。複数誌で記述があるからには、根も葉もない話ではなさそうで、何がどう転んで計画が変更されたんでしょうね。

113系って組みにくいんですよ。

115-3000はピクの86年2月号が詳しいのではないでしょうか。
偶数向きのクハにCPを搭載しているのは非常時予備とともに、111系対応なんですね。
111系・113系はCPがC1000が1基、一方、115系(103系、165系、475系)はC1000が2基か、C2000を搭載しています。そこで半数のクハ111にC1000を搭載してCPの出力不足を補っています。

84年の編成表では5本が115系0番台、4本が111系だったのは、検査期限の関係で入れ替え途上のようだったようです。

105系になったのは、103系1000番台が余剰になったので、これを種車にしたのでしょう。新車なら、119系が入っていたのかもしれません。

なにわさん、解説サンクスです。でも正直わかったようなわからんような、です(爆)。ま、メカ音痴なんでどうか気になさらずに。可部線の105系は最初オレンジでしたっけか?福塩の黄色+青帯はなかなか斬新でカッコよかったなぁ。
プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

工具 塗装関連 ウェザリング インレタ パーツ 

ブログ内検索
RSSフィード