fc2ブログ

可部線17米車 窓ガラス入れ

なんと、9月初の工作記事。作業は毎日のようにやってるんですけどね、なにせ進みが遅いのと、焦りもあって、つい作業途中の写真を撮るのを忘れてしまい。

で、窓ガラス、貼り終えました。
kb17gl4.jpg
前回の教訓を生かし、今回は側面内側のハンダ跡や接着剤を、塗装に入る前にこそぎ落しておいたので、ほとんど長いスリップを全長に貼って済ませられました。使ったのはエバーグリーンの9005、0.13ミリ厚クリアプレーン。タミヤの0.2でも大差無いと思いますが、薄さがミソで、凸部でも馴染ませて貼れるっちゅう話。

固着はゴム系です。前は両面テープの細切りを上下に貼ってましたが、どちらかと言えばゴム系の方が少し楽かな。

まあそれにしても窓貼りって面白みがない割に、キズだホコリだに気を遣いながらチマチマやらんとアカンわけで、精神的にちょっとした難関ですね。ほとんど1日に1両やるのが精いっぱいでした。

ところでボナさんのクモハ11の妻面を貼ろうとしたら、
kb17gl1.jpg
ハメコミ並みにピッタリ切らんと桟が浮きまくりやんけー!

と思ったら、ちゃんと裏妻用のハメコミガラスが用意されてるんですよね。そんなわけで貼り直し。

こちらはその、
kb17gl2.jpg
キット付属のハメコミガラスの断面を例によって黒く塗ったところ。裏側のマスキングテープはキズ防止です。

クモハ11211の方をまんま貼って、断面の反射が気になったんで塗ってみたわけですが、その結果は、
kb17gl3.jpg
左がペタっと長いプラシートを貼っただけの12011、真ん中がボナ付属のガラスをそのまま貼った11211、右が同ボナキット付属、断面黒塗りの11117。

どうです???

何の工夫もない左の12011が一番スッキリしてたりして。。。。

ま、面倒臭いんで、このまま作業進めるんですけどね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト



テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

はめ込み窓ガラスについて

完成品では一般的なはめ込み式の窓ガラスですが、旧形国電に限っては利点とはならないようです。
アルミサッシでは窓枠をガラス側表現にすることによってすっきりした表現にできますが、旧形国電の太い窓枠については、窓枠も車体と同じ色に塗られているために、別パーツ化の意義が少なく、窓枠を車体側表現にすると今回触れられているようにガラスの断面が光るのが欠点になります。このために、リトルジャパンのキットではめ込み窓ガラスがあってもこれを使わずにセルで窓を表現することがよく行われているようです。また、TOMIXの73系でも三段窓のはめ込みはあまり評価が高くないようです。MICROACEの旧形国電も木製窓枠とはめ込み窓の両立に苦しんだようで、70系と戦前型では試行錯誤をしている様子が見えます。鉄道コレクションの70系は窓枠がガラス側表現になっていますが、JAMの時には窓枠が無塗装だったのでどのような感じになるかはちょっと判りません。モハ72850台ではTOMIXの73系とは感じがかなり異なる結果になる可能性があります。

原口さん、
ワタシもキット付属のはめ込みガラスさえ使えば全て解決というかそれが最善のものと信じて疑わなかったのですが、意外にもそれはど話は簡単ではないようで、少し驚いています。Hゴムの窓はさておき、木枠の場合は妻板そのものの厚みが極端に厚くない限り、そのまま貼ってもそれほど違和感はないようですね。GMのプラキットも実はいろいろあって、今回使っている旧50系のものは、窓をになる部分が一段彫り込んであり、プラの厚みが目立たないような配慮がなされています。
LJの窓の件は、葉賀さんがハイパーモデリング3で指摘されてましたよね。鉄コレ72850はさすが原口さんらしい推察ですが、恐らくその通りなのではないでしょうか。個人的には単純な76+70+70+76が欲しかったのですが、妙に凝った編成が組まれて困ったナ、です。
プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

工具 塗装関連 ウェザリング インレタ パーツ 

ブログ内検索
RSSフィード