伊那松島区 2日目 82年4月

さて、それでは奥の方から見てみましょうか。

クモハ54129+クハ68420。
0820404_0002.jpg
端正な旧40系の2連。ところで右の建物って何だったんでしょう。どなたかご存知でしょうか?

いつもの場所に、
0820404_0001.jpg
クモエ21009。何度見ても凄い顔してるな、と。そしてRMMの葉賀さんの作品は見応えがあったな、と。

ちなみに前日はクモエの右に54133+61004という、ちょっと毛色の変わった2連がいて、左は47069+54110だったわけですが、この日の左は、
0820404_0007.jpg
54133、あ、ビックリさせてすみません、お父さん、フィルム交換の時に慌てたかして、巻き上げないで裏ブタ開けてしもたんですよね(笑)。「しもた~!」と大騒ぎしてたのをよく覚えてます。

で、54133の裏は、
082040425.jpg
61003でした。

なぜこんな妙な車両の入れ替わりがあったのか? 実は54129の前に56004とペアを組んで61004が止まってまして、
0820404_0006.jpg
本来の90台でない78という運行番号になってることから、何かの事情で変則的に54133とペアを組んでたのかな、と。54133にも78が入ってるんで。

54133は相方の68409が、これまた何かの事情で居ないので、お尻丸出しで放置するのもナンなんで、61003と繋げたのかな、と。ま、他愛のない想像です。

ママ区はその後2回訪れていますが、訪問中に奥の車両が動くのを見たことがないもんで、たった一日で二線とも車両が動いてることに、今になって驚いています。

21009は、
082040424.jpg
訪問の半年前に出場したばかりで、

側面なんかは、
082040426.jpg
ピカピカと言っても過言ではなく、鉄道車両って本線走行をして汚れてくんやなぁ、とあらためて気付かされますね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

伊那松島区の旧国は2両一組のセットなので、全検等の入出場もこの組み合わせだと思うとさにあらず、何故かそれぞれ別々に入場するので、同区のクモハ61は重宝な存在となっていました。なのでクハ68409が入場中により臨時の相方としてクモハ61が使われていたのかと思います。

しかし、004だけは主にクハユニ56004の相方を務めていたはずなのに、なぜわざわざ編成をバラして組ませていたのでしょうかね。しかも翌日にはさらに組み替えるとは何故に?

それにしても、この頃までは伊那松島区はこんな場所まで入る事が出来たのですね。私が訪問した時には撮影可能エリアは制限されてしまっていましたので、残念ながらクモエ21009はこんな近くで撮影出来ず仕舞いでした。

右の建物、伊那松島区の乗務員詰所ではなかったでしたっけ? ここで撮影許可とかをもらっていたような…この手前の建物だったっけかな??

伊那松島も最近はずいぶんとあっさりしてしまっているようですが、旧国全盛の良い雰囲気が伝わってきますね。

クモハ61は七久保さんの解説のとおり、スーパーサブ的に使われていた車で、模型でも編成を組めない車のために重宝します。
ウチの在籍車の中でも61005がその役目に就いています。

飯田のこの時代の旧国は編成が半ば固定化されていたのですが、たまに珍編成が見られたようで、昭和56~57年の鉄道ファン誌(号数失念m(;;)m)に53008とクハユニのノーシル車が組んでいる写真が載っていて、かなり衝撃的です。(しかも、53007と53008が頭を突き合わせてる!)

クモエ21009はRMMに載せましたが、ベースとなったRM100号記念キット、あれは酷かった・・・。
屋根Rがとんでもなく深く、読者代表とか祭り上げられて設計さんのハナシを聞きに行ったにも関わらず、もうほとんどの設計が終わっており、屋根、薄くなりません?・・・いや、もう金型彫っちゃったのでできません。とか、窓枠の細さがプラが流れないので(ウソつけ!)太くしたいのですが、どうしましょう?とか、もう散々でした。

21009の作品は、どうせ配管をやり直したかったので、ほかのキットから持ってこようとしたのですが、それは企画的にマズかろうと・・・で、ディテールてんこ盛りだけどデッサンが狂った作品が出来上がったという次第です。・・・脱線申し訳ございません。

七久保さん、
ペアの片方が出場すると、ほとんど元のペアに戻されていたのが特徴的でしたね。ちなみに七久保さんの推測を裏付けるような画像を、南フナさんがしっかり撮られていました(http://www.okitetsu.bne.jp/photo/photo03/phbbs1.php?no=2;page=20)。なぜに61004だったのかは、非常に不思議ですが。写真の頃のママ区は、我々親子の他の訪問者が1~2名で、詰所で挨拶した後はお好きにどうぞ、って感じでした。建物ですが、乗務員の詰所はもっと手前、洗浄線の分岐あたりなんですよね。工場方面の方の事務所だったのかな、という気はしているのですが、どうにも記憶がなく。

駒ヶ根車輛さん、
模型でも61005をウマイこと活用するあたり、さすがですね。というか幌付き前パンの渋いヤツを外すわけにはいきませんよね(笑)。クハユニ+53008ってのは凄いですね。ほとんど顔を出さなくなるわけで、そのまま固定化されず良かったと、本気で思ってしまいます。ところで21009の裏話、そこまで書いていいんですかぁ?!(笑) 窓枠太さは随分目立つものの、個人的に屋根深さは巷で言われてるほど気にならないのですが(というかクモルはキットのまんま!)。いやぁそれにしてもアレはインパクトのある作品でした。
プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

ウェザリング 工具 インレタ 塗装関連 パーツ 

ブログ内検索
RSSフィード