オハ47 2028 福フチ

オハ47は、台車をTR23にダウングレードされたスハ43、ってことらしい。
0pc47 2028_19880107オハ47 2028 福フチ 1988.1.7 東舞鶴

もともと履いてたTR47は、オハネ17用に供出されたんですと。700両いたスハ43のうちの328両だそうですから、随分な両数ですね。

それにしても肝心の足回りがまったく見えないひでぇ写真で、真冬の冷たい雨が降る中、草刈りはキツイなー、ま、ええか、と思いながら撮った記憶があります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

ダウングレードというよりも、軽量化して(換算で40t→35t)増結したいというわけですわ。

TR23H台車

オハ47形のTR23台車は当初は原型の平軸受ですが、後に円錐密封コロ軸受けに変わり、台車の形式も確かTR23Hに変わりました。戦後型オハ35系のTR34台車とは軸受部の形態が変わっています。

TR23H台車はNゲージではKATOが最初にオハ47を発売した時(1990年代前半)に新たに型が起こされ、この時には別売として正規のルートで流通しました。その後新製品になってからも継承されていますが、台車単体ではASSYパーツとしての流通になっています。
最初は取り付け方式がGMの台車と同じスナップ式だったので、TR36台車の代用としてGMの73系等に付けていました。現在はより形態の近いオハフ33戦後型用のTR34台車が出ているのでBONA-FIDEの車体にASSYのサハ103、クハ103床板と組み合わせる形で使っています。

なにわさん、
ありがとうございます。こういうのよくないですよね、シロウトが知ったかして書くの。ちょっと気をつけます。

原口さん、
すみませんねぇ、台車がまったく見えない写真で。軸受、見たかったなぁ(笑)。 モケイの台車流用の話もなかなか面白いですね。オハフ33からのTR34流用って、もっと市民権を得てもいいような気がするんですが、皆さんどうされてるんでしょう?
プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

工具 インレタ ウェザリング 塗装関連 パーツ 

ブログ内検索
RSSフィード