EF65PF 関西ブルトレ 84年夏

84年の夏休み、ということぐらいしかわからないんですが、多分これが、
0198408_0047.jpg3002レ 「彗星」で、

これが
0198408_0050.jpg44レ 「あかつき4号」で、

これが
0198408_0052.jpg22レ 「なは」

やと思う。

安もんズームの収差に、現像ムラ、シャッタームラ、ブレ・ボケ、ヘボ現像の粒子荒れ、と、ここまでキタナイ写真も珍しい。。。。お目汚しで失礼しました。。。。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

白黒写真の現像

後ろの「トヨタ」の看板のロゴが歴史を感じますね。

白黒写真の現像は高校時代に部活で星の写真の現像をしていました。Tri-Xフィルムと現像液はパンドールの組み合わせで増感現像(ISO400対応の元の状態からISO3200相当まで)をしていました。印画紙は目的の関係で「特別硬調」を使っていました。これを応用して普通の写真もたまに撮影していました。
最近はフィルム関係の製品の生産中止が相次いでおり、パンドールも生産中止になったと数年前の「天文年鑑」にあり、「天文年鑑」でも従来色々なフィルムのデータが記述されていたのが2009年の号からフィルムの章が無くなり、CCDカメラのデータだけになっています。

原口さん、
そうですか、星の写真を撮られてましたか。あれはあれで難しいんでしょうね。 ワタシも当時はTri-Xで撮ったのが多いです。中学時代は現像も適当だったんで、ご覧の通り苦しい写真ばかり。高校に入ってからは、多少知恵もついて、極力Plus-Xをメインに使うようにしたり、Tri-XでもD-76 1:1でどちらかと言うと浅目に上げる(といってもやり過ぎると薄過ぎるんでこれまた難しい)とかして工夫してました。温度を計りながら夏冬で時間調整したり、懐かしいですね。きっと二度とやることないでしょう(笑)。最近まともに写真を撮ってないので、ヨドバシのフィルム売り場にも行ってさえいないのですが、いよいよ銀塩のみ、ってのは苦しい感じですね。
プロフィール

18201

Author:18201
模型は旧国、撮りは蒸機がサイコーとひとりごちる40歳。子供の服買うかみさんに渋い顔しつつ、いつ作るとも知れぬキットを増やし続ける二児の父。工作スピードが遅いのが自慢。 

FC2カウンター
最近のコメント
旧国系リンク
N工作系リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
工作用 別カテゴリー

ウェザリング インレタ 塗装関連 工具 パーツ 

ブログ内検索
RSSフィード